--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.07

混合ワクチンとプリクラ

この間の日曜日、わんこ病院へ混合ワクチンの接種に連れて行きました。
いろいろあってずっと通ってた近所の病院から
ちょっと離れたもっちゃん先生のところへ行くと決めてから
初めてのわんこ連れ。

後部座席(ワンシートだけど)の私がクミンの入ったバッグを肩にかけ
ターリーの入ったバックをしっかりと腕に通してのっぽくんと私の間に置き
妻と愛犬2匹の命を一身に引き受けたのっぽくんが
べスパ(通称:そら次郎)で走ります。

いやぁ、やろうと思えば出来ないことなんてないですね。
最初はバイクで2匹同時は無理かと思ってましたが・・・
バスという手段もあるんだけど
バスゆえに、バイクの倍の時間がかかってしまうらしい。
暑いですからね、なるべく移動時間は短いほうがいい。

時間も選びましたよ。
元々、予防接種は午前中と言われてますけど
(副反応の状態をみるため)
朝9時からの診察時間に合わせて8:30に家を出ました。
時間が遅くなればなるほど、厳しい暑さだからね。

さて、着けば他の患畜もいなくて貸切状態。
他のわんこがいると面倒臭いターリーにはナイスな状況です。
2匹をもっちゃんに診てもらうのは
もっちゃんが前の病院をやめる前だから去年の12月以来。
「こんなに白いのあったっけー」
と、クミンの背中にちらほら見える白髪を見て言ってました。

体重はターリーが2.9kg、クミンが2.88kg
ほぼ一緒ですね。
体温もおんなじだー、ともっちゃんが言ってました。

診察台に上がると、二匹とも不安そうで(そりゃそうだよね)
ターリーは必死で私に抱きつこうとするし
クミンはフケが出たり足の裏にじっとりと汗をかき始めたり・・・

でも注射の瞬間は白黒とも
おとな~しく刺されてます。

何すんねん!と睨みつけ怒るわんこも多いそうです。

まぁ、2匹とも心の中では
「何しとんねん、ワレ?!」
と思ってるかもしれませんけど。


さてさて、もっちゃんは診察の前にカメラを用意してました。
何故でしょう。

答えは15秒後!


なんてね。




証明書と料金明細書
えー。
このようにワクチンの接種証明書や
毎回くれる診察代の明細書にわんこ写真が載るんだな。
診察券も写真付きだよん。
今、診察券はたぶんのっぽくんの財布に入ってると思われるので
写真は撮れん。

まぁ、ターリーはカメラ嫌いだし
クミンも緊張するとじっとしてられなくなるタチなんで
かなりもっちゃんも苦労して撮ってた。
私はそんな二匹をよ~く知ってるので
一生懸命かわいく見えるショットを撮ろうとしてくれてるもっちゃんに

「もう、それで、充分です・・・」

ということで
クミンちんは耳が後ろにたたまれ~の
目玉ぎょろっとし~の
ターさんは、テンション下げ下げ顔で
これからず~っと写っていくのでした。


さらに、もっちゃんのサービスはまだまだ続くよ!


たぶん最初で最後なプリクラ
なんとこの愛くるしい白黒(苦笑)をプリントシールにしてプレゼント!

いやぁ、わんこのプリクラなんて一生撮らないよ、
おぎくぼ一家なんて。
記念になりました。
たとえ耳なしでも、
たとえどんより顔でも

愛犬、かわいいさっ!

どこに貼ろう・・・



しかし、もっちゃんの本当のサービスは翌日知るのであった。

月曜の夕方、動物病院から電話が。
なんだろうと思ったら

「昨日は副反応とか大丈夫でしたか?変わりなかったですか?」


なんて素晴らしいアフターケア。

良い獣医さんです。


スポンサーサイト

2010.07.26

ちょっと遠いけど

最近の悩みのひとつに

わんこ病院をどうするか?

というものがあります。

これまで通ってる病院は家から散歩範囲で
24時間体制。
ターリーがおぎくぼ家に来てからずっと診てもらってるとこで
今までターリーのアレルギーや入院もクミンのストルバイトも
そしてわんこだけのお泊りもその病院でした。

ところが昨年末に担当してくれてたもっちゃんことM獣医師が独立。
場所は西武池袋線の大泉学園。
ちょっと遠いな~、と思いつつ
いい先生なのでずっともやもやしてました。

そんな中、元々の病院でフィラリア検査してもらった時の
新しい獣医師にちょっと疑問を感じ
更には普段わんこが食べてるフードがメーカーリニューアルするらしいのですが
その説明が受付の人も院長もまだ良く把握してないらしく
こっちとすれば???の連続で
もやもや度がアップしてしまいました。

これを機会に一度、もっちゃんのところに場所確認がてら行こう!
ということになり
昨日、とりあえずわんこは留守番させて
のっぽくんと行ってきました。

バイクで走ること約2、30分といったところかな。
道路の混雑次第かと思うけどそれなりに距離はありつつも
まぁ行けなくは無い状態。

たまたま患畜がいなかったので先生に長々と時間を割いていただき
院内全部を見学させて下さいました。
広々とした1フロアにいろんな設備が揃ってて、
個人で良くここまで揃えたな~と感心。

奥様が受付をやってらして、時にはこども院長も来るとか。
とてもアットホームな雰囲気でした。

フードのことやいろんな質問にも答えて頂き、
何よりも変わらないもっちゃんの動物への愛と飼い主への心遣いなどが感じられ
やっぱりこの先生に診てもらいたい、と思いました。

問題はわんこをどうやって連れて行くか。
のっぽくんのバイクで私が2匹同時に担いで行くのは可能か。
バスだと1時間近くかかるらしいが時間があればその方が安全かも、とか。
それと、そこは場所の決まりでお預かりは出来ないとのことなので
今後、旅行中などの預かりをどうするかなど
課題はまだまだありますが
とにかく、わんこを信頼できる医師に診てもらいたい
という当たり前の想いを再確認しましたです。

そして、志をもって独立したM獣医師を応援したいです。
頑張れ、もっちゃん!!






見てるだけで暑い・・・

のっぽくんに群れる白黒。
夏の日の、樹木にあつまるカブトムシ・・・?
ではないですね。



2010.04.07

春の・・・

いやぁ、ご無沙汰ご無沙汰。
もうあまりにも長いこと更新してないんで
(間1回のっぽくんを挟むも)
更新の仕方忘れそうだったわ。

寒い時期、長かったですよねー。
クミンはすっかりコタツ娘になってしまい
朝、ハウスから出してゴハンとかひととおりのことが終わると
さささっ、とコタツもぐりこみますから。
中を覗くと、普段でも相変わらず緊張しぃなところの残るクミンには珍しい
だら~っとした姿で横寝してます。

やっぱ少しはお日様浴びなさいよ、
と無理矢理コタツ布団めくったら
居場所を追われた子猫ちゃんのようにブルブル震えてるし・・・

ターリーは相変わらずの白王子っぷりを発揮し
留守番させるのが結構気重なくらい
時々、ハンガーストライキ起こしてます。
パターンを探った結果、朝早くからの留守番が
特にお嫌いなようで、留守番時間の長さよりも
そっちのほうがハンスト起こしやすいようです。

ただ食べないだけなら、腹すいたら食ってくれ、で済むのですが
長引くとなんだか本当にぐったりしてくるし(まぁ腹減れば私もぐったりするが)
血の混じった胃液吐かれちゃうとやっぱり心配になります。

結局いつも病院に行ったりするほどには至らず
「困った白王子だ」
で終わるのですが・・・


さてさて、今日は雨降る中
おぎくぼ一家総出で動物病院に行ってきました。
狂犬病の予防接種と、一緒にフィラリアに罹患してないかの検査のため。

久々に病院で体重計ったら
二匹ともほぼ3㎏・・・

やはり、コタツ娘はこたつでぐーたらしすぎて太ってたわっ。
ターリーはまぁ許容範囲として
お嬢さんは獣医師に抱きかかえられた時に
「重っ!」
って言われてたぞ。
女の子としてそれはどーなの?!

暖かくなってきたから散歩でも
「もう歩けないのっ!」
とワガママ言わずにせっせと歩いて脂肪燃焼して欲しいもんです。

ターリーさんは、歯肉炎になりかけてるらしく
(歯磨き中も歯茎から血が出るもんなぁ)
ハミガキである程度進行は遅らせることは出来るけど
いつかはやらなきゃいけないみたいです、麻酔かけての歯石除去。

あと今日初めて言われたのだが
ターリーはわんこにしては低体温らしいです。
普通のわんこは38.5℃くらいだけど、ターリーはだいたいいつも38℃前半で
今日なんかは37度台でした。


まぁ、二匹とも健康状態にOKが出たので狂犬病ワクチンを済ませ
フィラリアの検査も陰性だったので一安心して帰ってきました。
ワクチン後は安静にしてる必要があるのですが
二匹ともなんの苦労もなく、安静にしすぎるくらいまったりと
いつものように寝てます・・・


ちなみに、今日は新しい獣医師だったので二匹の推定年齢を聞いてみると
クミンが7~8才。
ターリーがそれよりも1、2才若いくらい、だそうです。
「わかりませんけどねー」って言ってたけど。

なんだか私の中では我が家に来た時の年齢が印象に強くて
その時ターリーは1才過ぎくらいで
クミンは4、5才くらいで、
確かにターリーはもう1才ってことはないんだけど
なんか年齢のこと考えることが日々ないというか
だから今日、その年齢言われて
「そんなに?!」
と思ったのですが
ターリーが来たのが2006年。
クミンが2007年。
その分足せばやっぱりそれくらいになるのね。
そーか。そんなになったのか。

なんというか・・・
駆け足で過ぎていくわんことの日々。
ずっとずっと一緒にいたいけど、きっと私たちより短い命。
だから毎日を大切に過ごしていかなきゃな、
なんてこと思ったりするのでした。



久々の更新でなんの脈絡なく書きなぐった次第。



王子っぷり健在
太っちゃった。てへ。




2009.11.28

クミン、ワクチン接種に行く。 白もついてく。

今日はいい天気ですね。
なんでも明日から冷た~い雨が降るとか。
今日のうちにしておきたいこと、いろいろありますね。

さて、動物病院からクミンのワクチン接種の時期が来たと
おしらせハガキが来てたので午前中に行くことにしました。
そうそう、我が家はお寝坊さんなので(私が?!)
病院は午後に行くことが多いのですが
ちゅーしゃの場合は午前中じゃないとダメなんです。
接種後の副反応をみるため、だそうです。

ってことで、天気もいいので既にわくわくモードのわんこを連れて
そして帰りは歩かせないクミンのためにバッグも持ってGO!

病院の混み具合ではターリーはそのまま踵を返して帰ろうと思ってたのですが
とりあえずしばらく様子を見てみようと外で待機。
そしたらクミンは窓越しに私に

「まるみ、HELP!!」

のアイビーム投げてくるし、
ターリーはのっぽくんとクミンが気になって、
くーくー鳴きながら中に入りたそうにするしで
そんなこんなしてたら呼ばれたんで結局ターリーも一緒に入りました。

担当の、もっちゃんことM獣医師はいつも優しくわんこに語りかけながら
診察してくれます。
今回も6種混合ワクチンを接種して、ついでに「ターリーさんもね」
と言いながら体重測ったり、診てくれました。

この優しいもっちゃんですが、なんと12月いっぱいで独立のために
病院を去ることに。
そんな挨拶を受け、私とのっぽくんはなんとも喜ばしいことだけど
残念なキモチで帰途についたのでした。

今通ってる病院はなんと言っても家から近いし
スタッフの方たちも気持ち良いし、24時間体制だし
お預かりもしてくれるし
もっちゃんはいつも笑顔で、クミンのストルバイトも、ターリーの入院の時も
真摯に接してもらって安心して診てもらえる人で
だからとても安心して通える病院なのです。

う…む、残念だなぁぁ、と。

新しい場所はちょっと我が家からは遠くなってしまうけど
開業したら連絡もらうことにしたので
一度見に行こうね、とのっぽくんと話してます。
もっちゃんの未来に、幸あれ!!


(当然のことながら、先生を尊重してご本人には
 「もっちゃん!」なんてそんな慣れなれしい口、たたいてませんです、ハイ。)




帰宅後の白黒さん。

おひさま、浴びとけ~











お疲れちゃん。






キミもお疲れちゃん。



2009.04.11

注射、済ませました

年に一度のおつとめの時期ですね。

いつもお世話になってる動物病院で今年も打ちます、狂犬病予防接種。

帰り道用にバッグを持っていこうと用意したら
ターリーは速攻、




強い意志が見受けられますね。




『絶対連れてけ!!』

の意思は固いようで。

クミンははしゃいでブレてますね。
これから注射とも知らずに・・・

へっへっへ・・・ (悪魔のささやき)




お天気最高な朝日まぶし~中を、のんびり散歩しながら向かいました。



最初はこんなペースですが



軽快な足取り・・・


ですがそのうち、



後半はこんなペースです

『もう、無理~』


って、コレ、毎度のパターンですから。




どっちにしても、注射はしますよ。

ってことで、診察台の上でびびる二匹の様子も見慣れてきたこの頃、
春は穏やかに過ぎていくのでありました。



 | HOME |  »

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。