--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.31

はみがき

数日前、ターリーにごはんをあげてるのっぽくんが
超・感激モードで「えらいっ!ターリーエラいぞっ!!」
とふるふるしておりました。
どうやら、ごはん前のおすわり&おてが美しく決まったようです。

それにしてもかなりの感激っぷり。
あとで聞いてみました。

ま「なんであんなに感激してたの?」

の「今までテレビとかで犬に『ほ~ら、取ってこい!』『わん!』『よ~し、いい子だ』
 なんての見ても「ない。あれはテレビの中のはなし」と思ってたわけ。
 いやぁ、まじで言うこときくんだぁと思って・・・」

のっぽくんは今まで猫を飼ったことはあっても犬はターリーが初めて。
犬ってどんなもんかを日々、発見してるようです。
反対に私は犬しか飼ったことがないので
「猫には芸教えないの?」と聞いたら
「ない」
と即答されました。
そうか。猫は芸をしない、と。

さて、我らおぎくぼ夫婦に愛されてるターリーですがひとにはちょっと言えないことが・・・・
(言うけどな)

口が・・・くさい。

なんか生臭いんですよ。口ん中に魚飼ってますか?

なので
大好き!チュ! くさっ
みたいなやりとりがおぎくぼ家では繰り広げられてるという。

犬を知らないのっぽくんが「犬の口ってこんな臭うわけ?」と聞いてきた。
いやぁ、全部の犬の口臭ったことないからわかんないけど
今まで飼ってた犬とちゅーして「くさっ!」って思った記憶ないなぁ。
ないってことはきっと臭くなかったんだろうなぁ。

ということでこのあいだの土曜日、獣医さんに行ったついでに聞いてみました。
「くち、くさいんですけど」って聞くのもなんだかちょっとあれだったけど。

「はみがきですね」

と言われ、とりあえず内臓疾患とかそういうんじゃないでしょうというわけで
買ってきました。

サンスターDo!おこちゃま用ハブラシ

ボケキャラターリーも、さすがに

「なにすんの?」

って具合に口を閉ざしますが、犬に遠慮はいらないさ、とばかりに
うりゃうりゃ、とハブラシつっこんで磨いています。

昨晩、のっぽくんがターリーに顔なめられながら

「くさくない!!」

と叫んでました。




食えないことはない!
もう、くさくな~い。エビバディ、カモ~ん!!

スポンサーサイト

2006.10.27

ふく来る。

以前、書いたことがあるけれど、犬に服を着せることには抵抗があったまるみ。
でもそれは無理解からくることだと反省し、でもってそれを日に日に実感するこの頃です。

ここんとこ肌寒くなってきたせいか、それとも天性の甘えん坊なのか
ターリーは膝の上から離れたがりません。
でも一日膝に乗せているわけにはいかず(あたりまえだ)
家事をしてる時なんかちょっとかがんだ隙に飛び乗ってくるという有様。
ターリーが苦手な掃除機をかけてるときやお留守番中は
ハウスの奥~の方でまるまっています。

服への理解はできたものの、まだハコティーとトレーナーしかもっていなかった故、
ここんとこの冷え込みには慌てました。
夜のお散歩時にはその持ち数総出の2枚重ねにしたりして。

今週に入って急いでネットでニットを注文。(あら、語呂がいいわ)
ネットの良さはやっぱり品数と値段の安さかな。
まぁ、ピンキリってやつだけど
アウトレットものとかいって昨年の型落ちとかで
お値打ち価格のものも結構あるから。人間と一緒だな。
服の必要性を感じて買うわけで、おしゃれさせようという気はないから
高いのは勘弁してほしいわ。去年の型とかで結構結構。

しかし犬の服のサイズってば難しい。
採寸もしてみたけど、なかなかぴったりってのがない。
最初に買ったやつなんか、動いてる間に襟元から足が出て来ちゃうの。
まるで遠山の金さんがお白州を前にして
「これが目に入らぬか~」と言って肩の桜吹雪みせるアレね。あんなかんじ。

で、襟のサイズがぴったりのやつを買ったら
背丈分が足りない感じなんだよな~。
細いんだけどそれなり背丈もある、という・・・
あ、のっぽくんと同じだ。
いいなぁ、細くてすら~ってやつ・・・

う・・・涙がこぼれないように顔をあげなきゃ。

がんばれ!まるみ!!





ウィンドウショッピング
お客様、お手に取ってごらんくださ~い。

2006.10.23

目覚めはターリーの掻く音・・・

アレルギー検査から一週間。
フードの切り替えも、持ち前の食い意地ですんなりあっさり成功し
ターリーちゃんの努力はここまで。
後は我ら飼い主がどれだけ頑張れるかというところで
まるみ、熱心にハウスダスト対策に励んでいます。

昨日はのっぽくんとビックカメラに行って新しい掃除機を買いました。
今ってば、掃除機にエラい高い値段ついてんのね!
私が「景気回復ってことかしら」と言えば
「格差、ってやつでしょう」とのっぽくん。
なぜかビックカメラの家電フロアで掃除機を前に日本の社会問題を語る
アカデミックなおぎくぼ夫婦。(嘘)

しっかりほこりや毛を吸い込んで、吸い込んだゴミを外に出さないというものを選びました。

超、真剣。すごい時間かかっちゃいましたよ。
ターリー、きみのため~!


この一週間は薬も飲みつつやってきたんだけど、あまり変化が見られず
やはり時々必死に掻いているターリーを見ると

「う・・む。もっと掃除しなきゃだなぁ・・・」

と悩んでしまう。
あんまり神経質にならないように、とわかりつつも
なんだか私の努力次第でターリーのアレルギー反応に影響があるように思ってしまうんだな。

今日も時間をかけておふとん、カーテン、床の上、ラグの上などなど
吸って吸って吸い込んでやりましたとも!えぇ!!

当のターリーは

「そんなことよりも、さんぽに連れてってくれる方が嬉しいんだけど」

と言わんばかりに玄関の前にちょこんと座り込んでおりました。




ムンクの絵なんだよ
 ちがいのわかるオトコ、おぎくぼターリー

2006.10.22

上を向いて歩こう

先日、あるブログを拝見してて衝撃を受けました。

それは、こぶたさんと同じく保護犬の預かりボランティアをやってらっしゃる方のブログでそこに、
おさんぽ中はしっかりアイコンタクトをとって歩いてるから拾い食いなんかない
というような一文があったのです。

アイコンタクトを取りながらお散歩・・・!

拾い食い一切なし・・・!!

あぁ・・・そんなすばらしいおさんぽ風景・・・(うっとり)


実は最近のターリーは、
「下にはなんかおいしいモノが落ちてる!」
と気づいたのか、ずっと下向いてくんくんしては何か食べてやろうという気満々で
なのでこちらもずっと下を向いていなければならず
非常に疲れる状態だったのです。
いつか私、きっと何かにぶつかる・・・という確信すら生まれるほどの
ターリー拾い食い阻止集中ガン見状態

でもって普段、家の中にいるときはアイコンタクトはとれるのに
おさんぽ中は必死に呼んでも、もう外の世界に夢中!という状態で
せいぜい目のはじっこで視界に入れてみました、程度しかみてなかったので
これもなんとかしたいなぁ、と思ってた矢先のことだったわけです。


で、一念発起!トレーニングを始めてみることにしました。

今日で3日目なんだけど、トリーツをあげる回数も徐々に減ってきて
今では名前を呼ぶとしっかりと目をみてくれるようになりました。
感激です。
ただ、トリーツを示さないと下を向いてブツを探し始めてしまうので
安心散歩まではもう少しかかりそうです。


私、今まで犬のしつけに関して、基本的に困ったことじゃなければ
そのままでいいか、という気持ちだったから
例えば散歩中にぐいぐいひっぱるのもしょうがないか、と思ってるところがあって。
例えばターリーなんかはちっこいから引っ張る力も強くないから
こちらで充分制御できると思ったし。

でも犬ってトレーニングすれば覚えるもんなんですね。

引っ張りに関しては、のっぽくんが直したい、と言いまして
ならばやってみましょうか、とトレーニング始めてみるとこれも一日目から随分効果が出ました。
まだまだムラがあるけどね。

要は飼い主がやる気を起こすか起こさないかなんだな~って気づきましたです。

トレーニングって、犬じゃなくって飼い主のトレーニングだったのか。

そんなふうにさえ思うのでした。



なんか食べたでしょ。
ターリーはのっぽくんの手をなめるのが大好き。
のっぽくんはいつもおいしいらしいです。

2006.10.21

芸。 その2

今夜はのっぽくんと『間宮兄弟』のDVDを観ました。
私ものっぽくんも、それぞれ自分の姉を思い出してました。
兄弟っていいな・・・

さてさて
ターリーは最近、ちゃんとおすわりができるようになりました。
相変わらずぼーっとしてていまいちキレはありませんがちゃんとしてくれます。
でもって現在はおても少しずつ覚えてきてるようです。
ひかえめにそろりと手をあげようとしてます。
そこに私がぐいっと手をつっこみ「おて」と言うわけです。

この二つの芸は主にごはんの前にさせて覚えさせてます。
でもってもうひとつ、現在進行中の芸はごはん完食のあとに
たっちというのを教えてます。

これはトリーツを使っての初めての芸で、そのためか覚えもかなり早いようです。
実は、今まで食後には完食のごほうびとしておやつを与えてたのですが
(ターリーがおやつ貰えるのはこのときくらいだった)
アレルギー対策食になってから市販のおやつは使えなくなったので、フードをおやつに見立ててあげてみたわけです。
そしたらさすがにぼーっとしたターリーも
 「今、食べたやつですか・・・?」 
みたいな反応だったもので、じゃぁ何かイベントをくっつけましょう!
と思い立ってこのたっち芸をやってみたわけです。
イベント、大事ですよね。クリスマスとかバレンタインとか。

ターリー、毎日イベント&ごはんと同じごほうびを楽しんでるようです。

トリーツ使うと覚えが早いことがわかったのでおてもそれでやってみようとしたのですが
マニュアルのように私の手の中をこじあけようとして手をのせる、
てな風にならずにひたすらくんくんくんと鼻をこすりつけるだけで
なんか違う芸になりそうだったのであきらめました。

まぁ時間はかかるけれど、来年にはきっと完璧です。
えぇ、それくらい気長なスパンで考えることにしてます。

そして更に!
もうひとつ、秘密裏に進めている計画(芸)があります。
その名もはなちゅ
これは普段、戯れている時に無理やり鼻チューをして
そのタイミングで「はなちゅ!」と言う。
繰り返しているうちに
「はなちゅ!」
と言うとターリーの方からやってくれる、という計画。
犬ってチューすると口より鼻が先につくから鼻チューなんだよね。
それはいいんだけどさ、心なしかターリー、ちゅーというよりは
口開いて鼻先をかじってるような気がするんですけど。
ちょっと歯、感じるんですけど。

ま、いいや。楽しいから。

芸を覚えさせるのはコマンドを出す人間とそれを聞く犬という
良い関係づくりに役立つらしい。
犬は本来、コマンドを言って欲しいものだとか。
「ご主人さま!なんなりとお申し付け下さい!!」
ってのが犬にとっては心地いいらしいそうだけど
ターリーみてると、わたしたちのことをリーダーと思ってるのかどうかも
そうかといって自分がリーダーだと思ってる様子もなく

 「リーダーって何?服従も何?」 

みたいな感じなんだよな。

でもまぁ、言うことはちゃんと聞いてくれるし要求吠えとか全然ないし
本当にいい子だよね。
芸というかしつけというのは共同生活をするにあたってお互いに必要なことだから
時間をかけていい関係を作っていきましょ。


まだ出会ってちょっとだもんね。
これから、これから。


そばにいたいの
 ねむい。 

2006.10.20

おさんぽ5点セット

今日は、愛犬とのハッピーライフには欠かせないおさんぽに必要不可欠なアイテム、
おさんぽグッズ5点セットをご紹介します。


06-10-19_15-38.jpg


 バッグ 荻窪タウンセブン内100円ショップで購入。値段のわりにしっかりしてる。広めのマチでいろいろ入って、でもって見やすい。口にはホックがついてて止められる。

 ペットボトル オシッコ流し用お水入り。ターリーはおさんぽ時に一回しかオシッコをしないので、この小さいサイズで充分。こういうのを持ってるけど、させる場所は考えたいものだ。

 流せるティッシュ COOP荻窪店でみつけたトイレに流せるティッシュのポケット版。これは便利!ターリーがお尻を下げて丸まった瞬間、これをお尻の下に敷くとウンチに余分なゴミも付かないし道路も汚れない。で、お家に帰ったらそのままトイレに流せる。う~ん、スッキリ。ちなみにターリーは、お尻を下げて丸まったことにこちらが気づかないでいると「しますよ。出ますよ。ティッシュ敷かなくていいんですか?」というかんじでこちらをチラ見。ウケます。
20個入りで140円くらいで売ってた。ありがたプライス。

 ビニール袋 西友荻窪店にお買い物に行ってレジに並ぶと、毎秒2品くらいの速さで袋に入れながらレジを売ってくれる。いや、さすがにそんなに速くないか。そんときにお肉のパックから人参からたまごのパックまですごい速さでビニール袋でくるんでくれるんだけど、これがおさんぽには必須。さっきのティッシュ(中身入り)をこのビニールに入れ、口を後でほどけるように縛る。この時、中の空気を吸い込まないこと。2度目が訪れても焦らないように2枚用意しとくと安心。

 コンビニ袋(小) 普段はエコロジ~を心がけて「袋いりません!」というくらいのちょっとした物を購入するとき、4回に1回くらいの割合で袋に入れてもらう。これがおさんぽサイズ。で、さっきのスーパーのビニールをさらにこのコンビニ袋に入れてひと結び。なぜにそこまで厳重に?! それは、バッグから漂うかほりを最小限に抑えるためデス。これでも長いお散歩になると結構におってくるから、敵もなかなか手強い。ターリー、ちっさいくせしてやるな、おぬし。


以上、おぎくぼ一家愛用のおさんぽ5点セットでした。

全体的にビンボー臭いかしらん?!うふ。


2006.10.19

人として、愛犬の飼い主として。

昨晩、さんぽしてたらいきなり向こうから真っ黒い犬(たぶんトイプー)が
たったったっと駆け寄ってきました。

おさんぽ中にほかの犬と会うのはうれしいものです。
普段は人間に囲まれてくらしてるけど、やっぱ犬ですから
犬とのふれあいは大事だなぁ、と。
相性ってのがあるみたいで、やたらチワワっぷりをお見せしちゃう時もあるし
(吠えまくり)
すごくうれしそうにおしりをふりふり、おしりをくんくんなんて時も。
体格とかじゃないみたいなんだよな。
まぁ、人間とかと一緒か。

で、昨晩も犬が向こうに見えた時には、「お。犬だ」
てな感じでうぇるか~むだったのですが
駆け寄ってくるのは犬のみ。

そうです。ノーリード。
私は思い切って「ノーリードはやめてもらえます?」と言ってみた。
そしたら相手は20代くらいの若い女性だったんだけど
すご~くむっとした感じで無理無理に「すみません」
と言ったのだけど、謝ったのが腹立ったのかすれ違い様に
「ちょっとおしっこ出しに来ただけなのに」
との捨て台詞を。

う~ん・・・

さっぱりわかんないぞ。それとノーリードのわけがどう結びつくんだ?
ターリーもおしっこ出しにきたぞ。たぶん、他のさんぽ犬もおしっこ出しにきてるぞ。

まぁいいや。

それにしても、もし乱闘にでもなったらどうするつもりだったんだろう。
犬の相性なんてわかんないじゃん。
でもって駆け寄ってくる時に車が来たらどうするんだろう。
ターリーはいきなり駆け寄ってこられてびっくらしたのか
思わず私の後ろに隠れながらとりあえずは吠えてたっけ。
たぶんターリーも
「ノーリード、反対!!」
って言ってたな。
(言ってないけど言ってた!)

さんぽ中にリードをつけるのは飼い主として、社会に対する最低限のマナー。
それと同時に愛犬を守るすべでもあるわけです。
犬の体格や性格とかは関係ないです。
そんないいわけ、飼い主の奢りです。

そういえばついこのあいだも夜道に横からのっそりサルーキーが現れた時はびっくりした!
いや、でかいもんがのっそりと・・・
そこは荻窪の南側でも結構人出の多い商店街で、
やっぱそんときも10代後半か20代前半くらいの女性だった。
荻窪はノーリードタウンか?!
勘弁してよ~。
全くもってジコチューな行動であると自覚して欲しいです。
明るく健やかなペットと共生できる街にするには
飼い主の良識が必要不可欠だもんね。

秋の物思い

う・・・む。困ったもんだな。まじで。

2006.10.16

のっぽの独白

どうも。おぎくぼノッポです。
昨日はだらしなくてすみませんでした。
本を読んでいる最中に「サー」という音がしまして、
「ガスが漏れてる・・・!?」と思いキッチンに目を走らせたそのとき、
足下でターリーがシッコを・・・・!

次回からは迅速に対応していきたいと思います。

さて。動物病院に行った後、まるみが書いたようにいろいろなアレルゲンが言い渡されました。
食べ物の多さにびっくりしたのですが、その他草花の多さにも目が丸くなる。。。。
まぁ犬可の公園にいかなければ大丈夫かと思ったのですが、「その辺のアスファルトにもガンガン生えているよ」と獣医師さん。
えーーーーー。ってことは、草にも当分遠ざけてみる必要ありか。こりゃ面倒だ。
食事も今回の検査を考慮したものに変え、散歩に気をつけ、薬も与え、シャンプーも頻繁に・・・。二週間後くらいに変化が見られるといいな。

一番痛いのは、まるみちゃんが大好きな羽毛布団を今日から使用不可になったことだろうか。とりあえず綿にアレルギーがなくてよかった・・・。

ラストに獣医師さんから一言。
ドッグランには気をつけてね。あそこはキチンと管理されているわけではないから、菌がいっぱいだよ。

・・・今一番興味のあるところ。当分はお預けか。

2006.10.15

いぬのきもち

「わぁぁぁぁ」

リビングで本を読んでいたはずののっぽくんの叫び声。
これはデジャブか何かですか?と、思わずつっこみそうになるほどあまりにも聞き覚えある叫びだったのでした。

のっぽくんの足下で、ターリーがラグの上にオシッコ・アゲイン。

駆けつけた私がジョジョジョ~と垂れているターリーをトイレに連れてきました。

のっぽくんいわく

「びっくりして固まってしまった」

はぁ。次回は固まんないで欲しいわん。

で、ラグをざぶざぶ洗った後、のっぽくんと

「なぜ、トイレでオシッコできるターリーがラグでするのか?」
についていろいろ語りました。

で、ケンケンがくがくの討論を交わした結果

トイレを覚えきってない説

かまって欲しい説

ぼーっとしてたらここでしちゃった説

というだいたい3つの決議案が出ました。


実際のところは・・・

わかりません。 

ターリー、ぼーっとした性格に見えるけど
彼なりになんかいろいろ思うとこあるのかねぇ。

私は昔から、

「ドラえもんの道具で何が欲しい?」

と聞かれれば、

 「ほんやくこんにゃく~!」 (←大山のぶ代風)

と答えてたもんでしたが、いやぁ、今こそ欲しい。

つきあいが長くなれば、なんとなくわかってくるものかもしれないけど
でもどこか人間の思いこみってのもありそうで
そこらへんを
「堪忍してよ~。違うってば~」
なんて犬に内心つっこまれてたりするんだろうか。

ターリーと暮らすようになって一ヶ月半ほど。
お買い物から帰ってきた時の様子とかも
相変わらずハウスの中からこちらを見上げる表情なんか
めちゃくちゃモノ言いたげで、いやぁ本当に何考えてるんだが知りたいわ。

マニュアルにはいろいろ書いてあるけど
本には載っていない犬の言葉ってあると思うからさ。


どうでもいいじゃん。
西友のペットコーナーの壁につるされていた「ハコティー」なるものを購入。
900円ほど。部屋着にナイスですね。

箱に入ってるTシャツだからハコティー。
箱に入ってればなんでもそうなるのか?
じゃぁ、ハコケーキとかハコパンとかハコジュースとかどうなのよどうなのよ?!

2006.10.14

1キログラム 2000円

アレルギー検査の結果が出ました。

予想はしてましたが、ハウスダストから植物、食べ物、カビ、羽毛、
まぁ、いわゆる普段の生活のほとんどすべてのジャンルから
アレルギー陽性反応が検出されました。

できることからやっていこう、という先生とのお話の元に
まずはフードの切り替え。

びっくりしましたよ。今はすごいものが開発されてるんですね。
今回、私たちが選んだのはドクダーズケアのアミノプロテクトというもの。

なんでも
「アレルギーの原因となりやすい動物性のタンパク質源を一切使用せず
アレルゲンとならない必須アミノ酸を直接配合」


らしい。

このフードなら、元からその原因成分を排除したものだから
アレルギーになりようがない、とか。

よくわかんないけど、すごいな。

アレルギー対策フードはコストも高いだろうし、この機会に手作りも、
と考えていたのだけど、例えばチキンがダメな犬に、
大丈夫な豚肉ばかり与えたりとかすると今度は豚肉がダメになったり
するらしい。
それも困るな、と考えてたところに今回のフードを紹介して頂いて。

今までのフードよりコストは倍になるけど、
こんなありがたいフードがあるなら
まずは使ってみましょうか。

ちなみに、食べ物では

チキン、ラム、米

等々いくつかダメフードがピックアップされておりましたが
今まであげてたユーカヌバは
「チキン&ライス」「ラム&ライス」

イェ~イ!ビンゴだぜっ!!

ってな感じでしたよ・・・

ごめんよ。知らなくってさ。


そんなわけで、今日からまた新たなるターリーとの生活の
再出発のような気持ちです。

最初の一週間はフードの切り替えと、お掃除を頑張って
それにお薬も併用だけど、二週間目からお薬なしでやってみることに。

アレルゲンの完全排除は不可能だけど
ターリー君の器から溢れないくらいに抑えられれば
痒みとかの反応として出ないとか。
だから、まずは食べ物と、お掃除の徹底から。

あまり神経質にならずに、だけど出来るだけのことはやってあげたいな。

「大丈夫、毛も生えてきますよ~」

って先生に言われて「ほ。」と思った瞬間、
ちょっと薄毛で悩むお父さん、みたいな気分になったまるみでありました。

2006.10.12

ターリーからの伝言

「わぁぁぁ~」
と、おでかけ寸前で準備万端だったのっぽくんから突拍子もない叫びが。

なんとターリーがのっぽくんの仕事部屋のラグの上で
ジョジョジョジョ~と大量のおしっこを・・・
まるみ、駆けつけざまに抱き上げトイレに連れて行くも
まだ止まってない様子。

はぁ・・・やってくれました。
散歩前だったので、そりゃもうですよ、

実はここ数日、ラグでおしっこすることが続いてたんです。
私が家を空けている時もやったと言ってたし
お買い物中にもリビングのラグで。
なんで全部ラグなんだ?

ま、それはいいとして、
ターリーくんは、トイレトレーニングらしいトレーニングもせずに
いつの間にかトイレでしてくれてたという
とても楽でありがたいお子さんでした。
なので、ラグをふきふき、なんてのはなかったのですが
今頃どうしたんだ?という感じです。

唯一、考えられることは、トイレの下に敷いた汚れ防止用シート。

ターリーは時々、トイレにまたいでオシッコするときがあって
微妙に射程距離を間違えるわけですな。
でもってなぜかウンチは(めったに家でしないんだけど)
トイレの外にしたいらしい。

ならばトイレシートを敷いときましょ、とゆーことで
数日前から敷いたわけです。

それが彼にはイヤだったのか・・・

「ボクのトイレはこんなんじゃないっ!」

と言ったかどうかはわかりませんが
とにかく考えられる変化はそれくらいだったので
今朝の賛辞、じゃなくて惨事の後にはずしてみました。


数時間後・・・


お買い物から帰ってくるとそこには美しいオシッコinトイレが・・・


はぁぁぁぁ。

やっぱ

「ボクのトイレはこんなんじゃないっ」

だったのね・・・
了解しました。



ほ。

いやぁ、まいったまいった・・・
よろしく頼むよ。




2006.10.11

ターリーの好きなばしょ

あこがれの一戸建てクレート
ターリーが大きく健やかに育つことを願い(?!)買った少し大きめのハウス。
最初はこの中でお留守番させて、夜もここで寝ていました。今も落ち着いてひとりになれる場所のようでしょっちゅう入ってます。
私がお買い物から帰ってくると決まってこの中から拗ねたような目を覗かせてます。



無印チワワ良品
でかいクッション
元はのっぽくん愛用の、無印良品で買ったクッション。
今はもっぱらターリーが戦利品をゲットしたときに持って行くターリーの「城」。
おもちゃで遊んでいるときも、ごほうびのおやつをもらったときも、速攻走ってこのクッションに持って行く。
なので今ではきっといろんなターリーの好きなにおいが染みこんでいるに違いない。




毛布はリロ&スティッチby Disney
ベッド(カドラー)
西友荻窪店のペットショップでみつけた一品。
買った当初は「まだ暑いかなぁ・・・」と言う感じの、もふぁもふぁクッション内蔵だったが、あっという間にちょうど良い季節。
ベッドの縁にあごを乗せるのがお気に入りらしい。



日本橋で買ったのよ~
KEYUCAのベッド
えぇ、もちろんターリーの為に買ったわけじゃぁないです。
これは、のっぽくんが吟味に吟味を重ねてお買い求めになられたKEYUCAというインテリアショップのベッドです。
寝心地が最高にいいです。思わず吸い寄せられます。
え?まるみ昼間もここにいてばかり?!

で、ターリーもいつの間にか夜はここで眠っておりました。
寝心地、いいらしいです・・・





のっぽくんは仕事中
ひざのうえ


一番好きなのは、ここなのかもしれないね・・・




2006.10.10

まるみ、ひとりになって考える。

週末、まるみは用事がありまして家をあけておりました。
といっても日曜のお昼から昨日の夕方までなんですけど。

のっぽくんとターリーは、ふたりっきりでどんなふうに過ごしてるのかなぁ、とか
おくすりを飲み始めたので、痒みは少し治まってるのかな、とか
離れていてもしょっちゅう考えてました。

特に私は場所が変わると寝られない性質なので、布団の中で悶々と
「ターリーのアレルギーは改善できるのか?毛は生えてくるのか?」
などというとりとめのないことを考えつつ夜がふけていったのでありました。

さて、家に戻った時のターリーの反応ですが

うい。

いえ、フランス語ではなくて「うい奴よのぉ。おっほっほ」の方で。

激しくしっぽを降り、体中で
「おかえりおかえりおかえりおかえり」と言ってくれました。
ベッドに腰掛けて着替えようとしたときは、あの小さな体に押し倒されましたです。

あたりまえのことですが、犬ってしゃべらないじゃないですか。
でも犬と生活してると、声が聞こえる時ってありますよね。
声にならない声でせいいっぱい表現してるという感じで。

いやぁもう、本当にかわいいです。

ちなみに、まるみが留守中にふたりっきりだったのっぽくんとターリーは
ぎゅぎゅっと絆が深まったようです。

そこにまるみがむりむり割り込んでやるのだ~。
だはは~!



2006.10.07

おくすりごっくん

日刊なのに、お休みの連続でした・・・

ターリーはその後、元気な毎日を送っていますが
まるみが少し体調を崩しまして。

おとといなんかは一日寝ていたのですが
ターリーは一日中、私のそばでおとなしく寝ていました。

ここんとこ雨降りでしたよね。
散歩にもいけず、まるみもどよ~んとして遊んでもらえないのに
ターリーは本当にいい子でわがまま言いません。

今日は久々の晴れ。
部屋中のお掃除をしたのですが、掃除機が苦手らしいターリーは
それでも側にいたいらしく、掃除機とまるでおにごっこするかのように
部屋中をめまぐるしく動き回っていました。

動物病院でアレルギーの検査をしてもらったのがちょうど一週間前。
まだ検査結果は出ていないと思ったけど
ここのところ、しきりに掻いてこの間は口のところが血が滲んでしまってたり、抜け毛も結構多いので
どうにか痒みだけでも抑えてあげられないものかと病院に電話しました。

さっそく診ていただけるとのことで午前中に病院へ。

検査結果前ということも踏まえ、
お薬で出来ることと、副作用などの説明も受けて
今日は2種類の痒みを抑えるお薬をもらいました。

人間でも動物でも、出来ることなら薬に頼らずに直すのが理想だとは思う。
だけどそうも言ってられない。
薬の力を借りてそれで自分の体の治癒力を、出来ることやって高めて行ければと思う。

時間が経って、いつか今の状況がなかったかのように
健康になってたらいいな。

絶対に直してあげるからね。

そう何度もターリーに語りかけてます。


ねぇってば~

毎日毎日寝てばかり~

2006.10.04

元気ハツラツ

死ぬかもしれなかったんだ・・・

こぶたさんからのコメントであらためて恐ろしくなりました。

チョコレート、タマネギなんかと同様に危険な食べ物なんですね。

昨晩は何度か吐いただけでした。水を大量に飲んだのがよかったのかな。
そしてひたすらどんよりと大人しかった。
具合悪そうでした。

犬のいたずらも、盗み食いも、すべて飼い主の管理不十分のせい。

以後、厳重に注意します。


今日は、昨日の具合の悪さを取り戻すかのように
必要以上にいたずらしたりはじけております。
好奇心の目、爛々です。

散歩中も、普通に歩いてくれませんでした。

体重が軽いので、あまりはしゃぐと首がしまります。

とにかく、無事でよかったです。


2006.10.03

ターリーは、ショコラのかほり

今日はお買い物にでるときは、注意しましたよ~。

ゴミ箱よ~し!
テーブルの上、よ~し!
戸締まり、よ~し!


なので、帰ってきた時、リビングにチョコレートが落ちているのを発見した時は
びっくり!!

あきらかに、我が家の毛深いヤツの仕業とみえるが
その犯人が見あたらない。

チョコレート自体がまるみには見覚えのないものだったので

まさか、誰かがチョコで餌付けしてターリーをさらったか?!」

と思ったほどでした。

いやぁ、まじで。


いました。

のっぽくんの仕事いすに隠れて座っていました。
背もたれの陰で見えなかったわけです。

やっと見つかったターリー。耳がめちゃくちゃぺったんこ。
表情も硬く、悪いことしたと完璧にわかっている模様。

のっぽくんにメールして聞いたところ、仕事机の奥の方にそのチョコを
置いてたらしい。

(ちなみに、のっぽくんは「一日一チョコ」な人です。)

昨日のお留守番時探検隊の味をしめたか、今日も山奥まで探検してみたんだな。

まるみ、今日はしらんぷりをしてみることにしました。

なんと30分近くしてやっと、椅子から降りてまるみのところにやってきたのでした。

昨日は

「ごめんなさい。ごめんなさい。食べちゃったの。

な、ターリーくんでしたが、今日はえらくションボリ。
いつもは必ずと言っていいほどまるみのお膝に飛び乗ってくるのに
今日は暗い顔して(くら過ぎ)ベッドルームやハウスの中に籠もってる。


これは相当いけないことしたと思って反省してるのかな・・・
と考えましたが、夜になって水を浴びるほど飲んだ後、もどすもどす。

反省モードというより、

たぶん

胸やけ。




飼い主に厳重注意!
「う~。きもちわるぅ・・・」

2006.10.02

一ヶ月

ターリーが来て、ちょうど一ヶ月が経ちました。

わーい!なんだかわかんないけどめでたいぞ。
一ヶ月、おめでと~

あっという間でした。だけどすでに、ターリーのいない生活は考えられません。

ターリー、ありがとう。


さてさて、今日私がお買い物から帰ると
普段はハウスの中から私をうらめしそうに見つめるだけのターリーが
なんとリビングにいて、しっぽなどを振っておりました。

あら、めずらしい。

な~んて思った矢先、目に入ったのはまるみのおやつ、「おさつスナック」

どうもターリーは、まるみがうっかりテーブルの上にしまい忘れたまま
おいてたおさつスナックを
この時とばかりに拝借したらしい。
いつもはあごを乗せることもダメ出しをくらうテーブル。
このときとばかりに、お目当ての品をゲットした模様。

輪ゴムでしばってあった袋のすみっこをかじり、麗しの甘い味のお菓子を食べたらしい。

しかし、まるみの表情を見るや、いけないことと気づいたターリーは、精一杯の愛嬌をまるみに振りまく。

しっぽぷりぷりのお出迎えの後は、ごろんと寝転がり腹みせの甘えたそぶり。
もしくは、腹みせの本来の意味である「無抵抗でっす!」なのかも・・・
ちゃんとわかってんじゃんか。使いどころ。


毅然とした態度でターリーに接したつもりだけど
心の中では「私がしまい忘れたわけだしなぁ・・・」と
いまいち、厳しさに欠けたかも。

ものの本には、
「怒ったあと犬に反省の色が見えたら得意の芸をさせてからほめましょう」
とあった。

だけど、ターリー。

おすわりがやっとなんだよ・・・


とりあえずおすわりだけさせたけど、
なんかいまいちきまらなかったよ・・・



笑ってゆるして

今度こそ、ビシッと叱ってやる~。

2006.10.01

ターリー。

ターリーという名前はヒンディ語で料理の名前です。
大皿にあれこれのせて出てくる料理だそうで
日本で言う、「定食」みたいな意味だとか。

名付け親はインド一人旅の経験もあるのっぽくん。


何度か書いていますがターリーは保健所に収容されていたところを
「NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」より救い出されました。

ペットブームと言われる昨今ですが、その光の陰には
身勝手な人間のせいで命をおもちゃのように扱われ、消えていく
多くの犬や猫がいます。

保健所に収容される期間は数日。
その期限が過ぎれば、殺されるのです。

ターリーもその中の一匹でした。

だけど、譲渡の会の方たちの長年にわたる活動のおかげで
そして、それを支えるボランティアの方たちのおかげで
こうやって我が家に、すでになくてはならない家族の一員として
存在しています。

ターリーには、保護されていた時につけてもらった「チャトニー」
という名前があります。
チャトニーも食材「チャツネ」のヒンディ語読みだとか。
そしてその名付け親であるこぶたさん宅にも同じくヒンディ語の
「ダル」くんと「キーマ」ちゃんがいます。

(*こぶたさんの活動を綴る日記『笑う居候犬・・・ぶらり日記』
  当日記よりリンクさせていただきました。
  ターリーが保護されてから、我が家に来るまでが読めます)



以前に、犬を飼ったらヒンディ語の名前もいいね、と
のっぽくんと話していたことがありました。

なのでターリーに出会った時に縁を感じたものです。
そして、恐らく人間に愛情をかけてもらったことも
他の犬ともふれあうことのなかったであろうターリーにとって
こぶたさん宅で過ごした経験はかけがえのないものであったはずと思い、
我が家に迎えることが決まり名前を考える時に
やはり、これらの縁を大事にしたいと思い
ヒンディ語の名前に決めました。

のっぽくんによると
「名前の如く、いろんな幸せをいっしょにわかちあいたい」
だそうです。

でも、「名前、覚えにくい」と親に言われ
「ノータリンのターリーと覚えてくれ」と言ったそうで、
それはいかがなものかな、のっぽくん!
と思うのでありました・・・
っとに、それってどーなのよ。







ぷんすか
「タリラリラーンのターリーで」
と言ってたまるみもどうなのよ。

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2006年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。