--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.03

Simple is the best !

私は時々、急に思いついてお菓子を焼きます。
お買い物をしながら、何か甘いものが食べたくなって、とか
朝ご飯用のパンがないから、とか
まぁそれぐらいの理由です。
先日は、のっぽくんの友達が来るから何か焼こうと思い立ったはいいのですが
肝心の卵が切れてたりとか小麦粉がなかったわ、とか
そんなこんなで作りたくなるので、買いに走りにいってくれたのはその友達だった、
なんてこともしばしばです。

そんなちょっと迷惑(?)な衝動にかられて焼いたお菓子たちは
いつも本当においしい。
これは自画自賛・・・には違いませんが、私はいつも言ってることがあります。
「使ってる材料がいいんだから、私の腕とか関係なくおいしいのはあたりまえ」
何も原産地特定の材料を使って、などという意味ではありません。
普通のバター。普通の卵。普通の小麦粉。
これら普通の食材を普通に混ぜて焼くだけで、本当に香り高いおいしいものが出来るんです。
それを考えると、市販の物はよけいな物があれやこれやと入ってるんだろうなと思います。
コストとか時間の削減のために。

ターリーにも普通にごはん作ってあげたいな、という気持ちがあります。
ドッグフードも良いものをちゃんと選べば栄養バランスがいいし、手軽だし、
だけど手作りお菓子と同じように、普通のものを普通に調理してすぐに食べれるということは
やっぱり何にも勝るんじゃないかな、と思ったりする。

だけどターリーにはありとあらゆるものにアレルギー反応があり
これだけアレルギーがあると、検査項目に載ってなかった食材にももしかしたら、
とか、且つ今大丈夫なものまでアレルギー反応が出るようになるかも
という懸念が捨てきれず手作りにはなかなか踏み込めません。
対策フードに切り替えてからまだ3週間ほどだし、もう少し様子を見て落ち着いてから考えるつもりです。

そんなふうに考えてる中で、それでも挑戦してみたいなと思ってるものがありました。
それはおやつ。

以前にここで書いたけど、現在のごほうびおやつは食事と同じフード粒。
それでも健気に芸をしてくれるターリーですが、やはり、もっとわくわく感をあげたいな
と考えてました。

で、先ほど明朝用にリンゴのマフィンを焼いたついでにターリー用のクッキーを焼いてみました。

《材料》
角切りにしたリンゴ
溶かしバター
小麦粉

小さめダイスに切ったリンゴに少しのバターを落とし、レンジで20秒ほど。
それに小麦粉をまぶして水を加えながらまとまるまで混ぜる。
できたものを天板にスプーンで落としていって15~20分焼けばできあがり。

早速、夜ゴハンのあとにあげてみたら、おいしかったらしく目をキラキラさせておねだりに私のところへ来ました。
そんなこと久しぶりだったな。

人間にとって、食べる楽しみは生きるということにおいてとても大切なことであるように
きっと犬にとっても一緒なんだよね。

食べられるものは少ないけど、また何か工夫して作ってあげたいです。


あれがリンゴか・・・

「さっきのは、もうありませんか?」


スポンサーサイト

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。