--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.30

おぎくぼ一家の年の瀬

慌ただしく年末がやってきました。
クリスマスの余韻もあったもんじゃありません。
年末ちょーせーとか、支払ちょーしょとか源泉ちょーしゅーとか
りょーしゅーしょの整理とか
12月中にやんなきゃなこと目白押しです。
銀行は今日までか。
税務署はきっともう終わってます。

大掃除もしたいとこです。
外は北風吹いてちょー寒いけど、おうちの中はあったかい。
私はよく「あったかいうちをありがと~」
とのっぽくんに言います。いやまじで、こんな寒い時に路頭に迷わずに済むのはありがたいことです。人生どこで何があるかわかりませんよ。
で、そんなあったかいおうちに感謝の気持ちを込めての大掃除だな。

といきたいとこなんですけど
わたくし、今週はカレンダーに×印をつけたいくらいに体調がダメダメでして
気づいたらほとんど何も手つかずに本日。
上に書いたこと、年末ちょーせーしかやってません!
力入れて言うことじゃないけど、
やってません!!

その上のっぽくんも大忙しの毎日。
家にいてもずっと机に向かってお仕事です。
ずーっと根詰めてやってたと思ったら、夕方過ぎに突如ターリーと戯れてるのでどうしたのかと思ったら

「今日中は無理だ・・・」と笑顔で言ってました。

人は、追い込まれると笑うのだということを知りましたです。

そんな状態のわれらですが、ターリーはいつも変わらずひっそりと
ただそばにいられればいいとばかりにくっついてます。
本当に手がかからないいい子だとしみじみ思います。
要求吠えの類が一切ないです。

今年2006年、おぎくぼ一家にはいろんなことがありました。
とても充実していい一年だったと言えます。
そして、そのひとつでありビッグイベントなこととしてターリーの登場があります。

ターリーに会えて本当にラッキー&ハッピーでした。
ターリーを助けて下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
あと、この『日刊おぎくぼ』を読んで下さってるみなさんにもありがとうです。ちょい日刊じゃないけど。


来年も、一緒に楽しい毎日を過ごしていきたいです。

みなさんも、どうぞよいお年を。





来年も寝るぜ

来年の初詣祈願は「ターリー増毛」です。たぶん。


スポンサーサイト

2006.12.25

犬を飼うって ー すてきですか?

12月ってば本当にあっという間ですね。
特にこれからがびっくりよ。なんたって来週の今日は正月よ!!
クリスマスが終わったと思ったらもう年末だもんね。
やんなきゃいけないことが頭の中でおせおせ状態で列作ってます。
ぷは~。困ったもんだ。

おぎくぼ家の今年のクリスマスは
23日にはおでかけして、昨日はおともだちがきて
今日はひっそりとまるみお手製デコレーションケーキでメリークリスマス。
ひゃっほう!クリスマス大好きだっ!!

クリスマスってば、クリスチャンじゃなくても本当の意味を考えてみたくなります。
今年は新たな家族、ターリーが加わりました。
もしかしたら、人間の勝手極まりない行動の為に
クリスマスを迎えられなかったかもしれない命。
本当に、一緒にいられることをうれしく思います。

先日のっぽくんから、某・巨乳系事務所所属のタレントが
ブログが何かで書いていたことを聞き怒りを感じました。
彼女は、今まで7匹ほど犬を飼ったらしいのだけど
すべて彼女の恐るべき身勝手な理由で手放してるとか。
豆芝が豆じゃなくなったから、
チワワが見た目より気が強かったから
フレブルで部屋が臭くなったから
プードルのサイズが大きくなったから。

もう、言葉がないとはこのことです。
おんなじ理由でアンタも捨てられてみろ、とか思います。
まったくもう。

ということで思うのは
犬を飼うということをちゃんと理解してないことがそもそもの間違い。
これは、常識がないとか知識がないとかいろいろ考えられるけど
是非、ショップには飼育の苦労や人間の最低限の義務をしっかり告知して欲しいです。

さて、のっぽくんがもうひとつこんなサイトを教えてくれました。
東京都福祉保険局が出している冊子
『犬を飼うってすてき ー ですか?』

わくわくの期待で飼ったけど、ドラマのような劇的なことがあるわけもなく
苦労の方がずっと多い。それが毎日毎日、少なくとも10年は続く。
その中で犬がくれるのは、
飼い主への純粋な愛とやさしい思い出だけ。

それでも、犬を飼うってすてきですか?

そう問いかける。

非常にわかりやすく、胸をうちます。
これを事前に読んでもらえれば、某タレントのような人間は
少し減るかもしれない。

そして。
我が家に秋から来たターリー。
今まで書いてきたように、いろいろ試行錯誤しました。
お金も当然かかりました。
だけどわたしたちは

飼い主への純粋な愛とやさしい思い出

これがひらすらにうれしくって愛しくって毎日を過ごしてます。
お金で買えないかけがえのないものです。

犬を飼うというのは、命を授かるようなもの。

これから飼おうと思ってる人はどうかそのことを決して忘れないで欲しいです。

私も、肝に銘じます。



2006.12.23

イブイブ

ども。今日はまるみです。

世間はクリスマスムード一色ですね。
今日はのっぽくんにクリスマスプレゼントを買ってもらいました。
おさいふです。
かなり気に入ってます。ウレシイです。
それにしても、新宿はすごい人でした。
どこもかしこも人だらけでした。
私は立派な大人ですが迷子にならないように必死でした。

話は変わりますが、ターリーの毛がすっかり少なくなったことは
以前にも何度か触れました。
だけど毎日接しているとその変化ははっきりとはわからないわけです。
で、時々
「??」
という感じで何か違う、と感じる。
例えば、この前は「しっぽがロープだ」とか。

ここ最近はターリーがこぎつねに見えるのだ。
砂漠でみかけるヤツなんかそっくりだなぁ、と。
あ、私は砂漠行ったことないですけど。

ふと、以前に撮った写真と比べてみてわかったんだけど
首周りというかエプロン毛の部分が前はふっさふっさだったのね。
それがなくなって、輪郭がくっきりしちゃって
それできつねになったらしい。

うむ。納得した。


ちなみに、ターリーを預かってくださってたこぶたさんのブログの過去ログを時々眺めに行っては

「ターリー、ふさふさだったのね・・・」

と遠い目をして懐かしんでるまるみなのでした。

だけど最近は少ないなりにもしっかりとした毛が生えてる感じするし
抜け毛もぐっと減ったし(抜けるモノもないという気も)
掻く頻度も減ってるし、昨日のっぽくんも書いてたけどなんかイイ感じ。
うれしいです。

今年のクリスマスはターリーと一緒です。

うれしいです。


ぷれいびお~んど

まるみからのプレゼントを背負ったままプレステ3の設定をするおぎくぼのっぽ氏。
ターリーのちっこさがしみじみと伝わる一枚。

2006.12.22

哀愁サプリ

どうも。おぎくぼのっぽです。

おかげさまでターリーも落ち着いてきました。
掻きまくって毛が抜けた部分も少しずつ伸びてきて・・・いい感じです。
サプリ、掃除、ゴハンなどが成果を上げてきたのかな。

サプリをよけて



かじかじかじかじ・・・・


最近は冬対策に頭を使います。
一番暖かいお昼前後にまるみが散歩に連れて行ってくれるのですが、
三枚重ね着をしてるにもかかわらず、ターリーはガクガクブルブル・・。
家でオシッコをしてくれるようになってホントよかった。
雨の時は散歩に出られないので、特にありがたいです。
無駄吠えもないし、手の掛からないやつです。

これからも元気にいてほしいっす。
正月、荻窪一家は二人と一匹で実家に帰省します。同じ都内ですが(笑

2006.12.15

寝床事情 その2

おととい買った穴蔵式ねどこ。
これで防寒対策ばっちりでしょう!と目論んだのですが
そうはうまくいかなかった・・・

寝る時間になってもなかなかハウスに入ろうとしない。
入っても手前の方にいて落ち着かなさそう。
私たちが寝室に入るとハウスから出てきて部屋を歩き回る。
まぁ、そこまではいいでしょう。
歩き回ってトイレで用を足すのが日課になってきてますから。
だけどその後ハウスに戻らないのが困っちゃうのだ。
だってさー。部屋、寒くなるもん。

まずは、昼間の定位置であるお気に入りのデカクッションをしまってみた。
こっそり覗くと、今度はベッド(サークルカドラー)にいた。
なのでそれも片付けた。
ハウスから出るのがおっくうになるように
入り口に毛布を高めにおいてみた。
ゆたんぽの場所も変えてみた。

が、しかし。

こっそり覗くと革張りソファーの上に背筋ピンと座ってた。
Oh! No!! ターリー、そこはあまりにもヒンヤリよ!!

あらゆる格闘の末、まるみ諦めました。
バッチリあったかドームを外に出して、元のグリーンの座布団を入れる。
で、ターリーをハウスへ誘導。
ターリーさん、グリーンなヤツをくんくんとチェックし

ふぅ・・・

と、まるで「これよコレ」言わんばかりに息をつき腰をおろしました。

なんだか脱力。
そっか。それがいいのか。わかったよ。


このおざぶは、実はのっぽくんの友人がかつてのっぽくんにプレゼントしてくれたものなのですが
ハウスにあまりまだなじんでない頃、これを試しに入れてみたらハウスが好きになったという座布団で。
のっぽくんに頂いたものを犬に使用するとはお叱りを受けそうですが
その友人はあたたかい目で見守ってくれてます。たぶん。

しかしターリー、よほど気に入ってるのね、ということが昨晩判明致しました。

で、買ったばかりの穴蔵の運命はどうなるのでしょうか。

わかりません・・・



戦いすんで夜があけて


元に戻ったハウス。役目を失った穴蔵。人ごとのように佇むターリー。

2006.12.14

ぺたーりー

ターリーは、私やのっぽくんが家にいるときは
絶対、がつくほどひとりではいません。
必ずどちらかの身体の一部にくっついてます。
一番はひざの上。
のっぽくんが帰ってくれば、食事中でも仕事中でも
追いかけてひざの上に乗ってきます。

私はターリーが家に来る前に、漠然と

べたべたさせて欲しい・・・

と思ってました。
いやぁ、犬の性格は本当にそれぞれ違うし、甘えん坊もいれば独立心の強い大人(?)な犬もいるけど
出来れば私はくっつきまくりたい、なんて思ってました。

ターリーが初めて、譲渡の会の方と保護のボランティアをされてるこぶたさんに連れられて来た時
私が引き寄せようとしたらおしりが引けてたのが印象深いです。
当初は、どこか他人の家にきちゃいましたみたいな雰囲気で
借りてきた猫(犬だけど)状態。
だけど当然と言えば当然。時間が経って我が家と私たちに慣れた頃
ちょうど寒くなってきたのもあって気づけばひざの上にいました。

今では、私好みのペタ子ちゃんに。

おひざの上に乗ってきたかと思うと、私の手の中に鼻先をつっこみ
撫でられたがるし、私が

「ターリーだいすきぃぃぃ。ムチュゥゥゥ

と、ギュギュギュー抱きしめても鼻息を

  ふぅ

と吐くだけで、抱きしめられるがままになっている。


おとといなんか、これですよ。

 


suki desu


た、ターリー・・・どうしたいの?
のっぽくんに寄り添いたいのはわかるけど・・・

好きなのね。わかったわ。
妻の座はあなたに譲るわ。

・・・な、気分になりましたよ。



2006.12.13

寝床事情

どんなに愛し合ってても、寝室は別なの・・・

ということで、現在ターリーは私やのっぽくんとは別の部屋で夜は寝ています。

いろいろ試行錯誤の結果です。
最初は寝室にハウス(クレート)を入れてそこで寝かせてました。
その後、一緒のベッドに。
しかし、アレルギーの為ハウスに戻しました。
寒くなってきたので私たちのベッドの上に乗せてましたが
ハウスの扉は閉めてる状態。閉めてないと速攻でベッドに潜り込んできちゃうからね。
それをしばらく続けてたのだけど、散歩が一日一回になってトイレ事情が変わり
ハウスのドアを閉めたままで朝までいるのはちょっと不都合になりまして。
2回ほど続けてハウスの中でオシッコしちゃったりしてて。
これはマズイでしょう、ということになって
結果、今の状態なわけです。
部屋が別ならハウスのドアは開けっ放しに出来るから
どうぞご自由にトイレに行ってね、という。
元々、人目を避けてトイレしたがるので私たちが寝静まった後や
朝方などにトイレに行ってるようです。
お陰で、トイレの失敗もなくなりました。

心配なのはやはり寒さ。
寒いと、すぐにぷるぷる震えるからなぁ。
寝る前にペット用ゆたんぽをレンジでチンしてハウスに入れてあげてるのですが
ここんとこの冷え込みは気になります。

で、本日西友でみつけたのがドーム式のねぐら。
床と天井部分に断熱材が入ってて、ペットの体温で全体が温かくなるらしい。
電気いらずなヤツね。
よし、これをハウスにセットしちゃうぞ~。

で、これ






ターリードーム

写真、暗っ。
しかし、ターリーのハウスの為に作って頂いたかのようにサイズぴったりじゃん。
前方にはあごのせ枕までついてるのね。
これにゆたんぽと毛布でバッチリ!!

だといいんですけど・・・
ターリー、入ってくれるかしら。



「龍がごとく2」、もうやった?

「ゲーム終わったら入るからさぁ」




2006.12.12

踊るおぎくぼ

最近、スポーツクラブ行って踊っております。
ジャズダンスが好きでそれをするために入ったのですが
思惑はずれてなぜかHIP HOP踊ってます。
日本人ラッパーとかイマドキじょしこーせーが集合写真の時にやるような
Yo! Yo!ってな感じのあの手つきが振り付けにあったときには
とにかくひたすらに何も考えないようにし、家に帰ってから身悶えするほど己を笑いましたが
まぁとにかく踊るのは好きです。
だけど体力があまりないので一時間近くも踊ってるとぜぇぜぇしてきます。
ぜぇぜぇしてるヒップホッパーっていかがなものかと。

そんなまるみを見送るのも迎えるのも、デカクッションにうもれたままのターリー。

「寒くて動いてられん」

という感じでほとんどそこから動きません。

一日中そんな状態なのに、のっぽくんが帰ってきてしばらくすると
スイッチが入ったようにはしゃいでお遊びモードになります。
さんざんのっぽくんにかまってもらって飛んだり跳ねたりして
まるでヒップホップ1時間なまるみのようにぜぇぜぇしてるのに

「まだまだいけるぜ」

とばかりにそこらへんを動き回る。
そのはしゃぎっぷりったら、見ていておかしくなるほどです。

今日はそんな遊びの最中の短い間に「ジャンプ」芸を覚えてました。
う~ん、キレてるね、ターリーさん!

我が家に来て3ヶ月。
ここんとこ、おさんぽ中のひっぱりがなくなったり
トイレが上手にウチでもできるようになったり
天然的にぼーーーーっとしてたのが、打てば響くような反応したり
なんだか私たちとターリーの関係が
またひとつ近づいたのかなぁ、なんてうれしく思ってます。


オレをよめ。

新聞を読んでいるとさっきまで不動のクッションうもれスタイルだったのに、急に起きあがって新聞の上でのびなんかしたりします。
毎回です。
絶対わざとです。

2006.12.08

しあわせなとき

最近のターリーは、一日をほとんどデカクッションの中にうもれて過ごす。
ホットカーペットに乗せたそれは、ターリーの体温と相まって
ほっこり暖かい。

私の近頃のお気に入りは、そんなターリーの横に一緒にうずくまること。
デカクッションに体重を預け、ターリーの体に顔をうずめて
抱きかかえるように寝ころんでいるとしばし眠ってしまう。
今では大好きになったターリーのにおいが私の心をゆるゆるにする。
ターリーは嫌がりもせず、「ふぅ」と鼻息をついてまた眠る。

のっぽくん、ごめんなさい。
師走の空を駆け回ってる間に、私はターリーとこんな毎日を送っています。


ごはんになったら起こしてよ

見てるだけでのんびりしちゃう風景です。

2006.12.07

スロースロークイックなし。

最近はすっかり一日一回のお散歩になりました。
今朝は寒くて外に出たくないのか、私とのっぽくんが玄関に行っても
ベッドに入って丸まったまま出てこない。

だけど、一度外に出ちゃうと跳ねるように元気に歩きます。
超・課題だった散歩時のひっぱりも、最近やっと落ち着いてきました。
相変わらず、家を出て直後のオシッコ&ウンチのコンボが済むまでは
がつがつと場所を求めてひっぱりますが、その後は私の歩いている位置から
前に出ないようにリードで調節するとそれに合わせてくれるように。
いろいろとスローペースなターリーくん、やっと覚えてくれたか・・・という感じです。
それでも、お目当ての電柱(読み専門)があるとぐぐっと力が入りますが。

つい2週間前ほどは、のっぽくんと
「首が~。気管支がつぶれる~」
と、マジで心配したものです。
フード粒で気をひく作戦も限界が見えてたし。
で、ペットショップにハーネスを探しに行ったわけです。
少しでも、首の負担が減るかなぁと。
ところがショップの人の話だと、ハーネスはひっぱる子(特に小さい犬種)だと
首と併せて胸まで締め付けちゃうからあまりおすすめできないと。
う~む。やはりなんとしてでもひっぱりぐせを直さないとなんだな。
トレーナーさんつけての訓練も考えてたところでした。

だけどまぁ、気づけば現在の状態に。
ターリー、やればできるじゃん。
早くやる気になってくれよ。と思うまるみ。
まぁ、さっきも書いたけどいろいろとスローペースがお好みのようです。

「ターリーって・・・おバカ?」
とかいいながら、我らおぎくぼ夫婦には
そんなところもかわいくてかわいくてたまんないターリーです。




電気代払うから、暖房プリーズ
「おバカ」っておいしい?

2006.12.01

師走

今週一度も書いてないや。
と、ぼつとつぶやいたのを聞いたのっぽくんに
「日刊の名が・・・」
とつぶやき返されてしまいました。

こんにちは。つぶやきオギーです。

今週は、私の体調が悪かったのと夜の寒さが強まってきたのもあり
ターリーのお散歩は暖かいお昼の一回だけにしてみました。
何度も書いているように、お散歩の回数を減らして心配なのはターリーの膀胱のこと。
併せて先週は、なぜかラグの上で何度かオシッコしてくれてたもんで
「トイレトレーニングしきりなおしか?!」
というかんじだったわけです。
しかし、ターリーの場合のトレーニングはイメージトレーニングのみ。
寝起きもごはん後もトイレに行きたいそぶりも見せずにまったりしてるので
「ターリー、チッチは?チッチ、ここね。チッチ、イイコイイコね。」
と、トイレを指差し語りかける。

こんなんでいいのか?!
いまいち不安なんですけど、他にすべもなさそうなんでそれでここまでやってまいりました。
ま、実際それで覚えたし。
今回も、朝の散歩はないらしいと感じたのか、こっそり人気(ひとけ)がなくなるとトイレに行き、ジョジョジョジョ~とやってくれてました。
相変わらず人知れずを好むようですが。

やっぱ時々思い出させないと駄目なのかな。トイレのこと。
よし。今日もイメトレだ!

それにしても、今までのトイレ失敗は百発百中と言っていいほど
のっぽくんの足元で起きました。
なんでだろう。かまってほしいのか?
もしかして、のっぽくんはなわばりなのか?
う~む。私もなわばりたいぞ。よくわかんないけど。

お散歩から帰ったターリーはテンション高め。
私の服の裾を引っ張ったり、スリッパを奪ったり。
そうか、遊んでほしいんだね。
「よし。遊ぼうか」
そう言うと伝わったことが嬉しそうにぴょんぴょんはしゃぐターリー。
ひとしきり、狂ったようにぞうさんを追いかけて駆け回り、最後は私の膝の上で落ち着く。

そこまでで一日の8割の体力が尽きるのか
あとはほぼ寝て過ごす。

次の元気タイムは、のっぽくんの帰宅後です。




 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。