--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.10

ひとりっこ最後の夜

おしらせです。

明日、おぎくぼ家に新しい家族が来ます。

ターリーと同じく「N.P.O法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」
により保護されたチワワの女の子です。

まずはトライアルの1週間。
ターリーとの相性などを見て、うまくいけば正式におぎくぼファミリーに
仲間入りです。

不思議な話を聞きました。
以前伺った時には「なんでもよく食べる」と聞いていた彼女が
この2日間は食事があまりすすまず、物影に隠れて過ごしているとか。

ということで会の方が「ドーム型のハウスがあれば」とおっしゃっていたので
最近すっかり部屋のすみっこでご用なしとなっていたハウス(クレート)を
彼女の為にどうかな、と思って用意しようとしてたら急にターリーが
「これは僕のですが、何か?」
といわんばかりにのっそりと入ってきて、中でのんびりしてる。
最近は私がいくら
「ハウス入れば?」
と促しても、決して入ることなく他のデカクッションやベッドのみで
暮らしていたというのに、彼女の為にと思った途端これですからねぇ。
これまた人の気持ちがわかってるのか?
というエピソード。


私は常々、犬には(他の動物もそうかもしれませんが)人間にはない
人の心を読む力があるのではないかと思っているのですが
この話を聞くと益々その思いが強くなります。

だから、普段一緒に暮らしている犬たちは、私たちの想像以上に
飼い主の心を読み取り、何か感じているのかもしれません。
会話はできないけど、それ以上のコミュニケーションで
彼らは私たちを理解しようとしてるのかも・・・


ということで、甘えん坊のターリーくんが私たちふたりを一人占めするのも今夜が最後。
ターリーが新しい子の加入で私たちにどんな反応を見せるのか
彼女とどんな関係を築くのか、とても楽しみです。


まずは、初めての場所で不安であろう彼女の様子をよく見ながら
ターリーと一緒に、彼女にとって居心地のいい場所になれるようにしなきゃね。

ではでは明日、お楽しみに!


万年末っ子キャラ、おぎくぼターリー

一応、先住犬ですがどうも他の犬をしきるキャラではなさそうで・・・
ちなみに明日来る子は年上の女(ひと)。



スポンサーサイト

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2007年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。