--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.31

Good Job !!

しつけ教室では毎週、宿題が出されます。
プリントに項目とやり方、目標なんかが書かれてて
それに沿ってコツコツやってくわけです。
でもって日記も書いて提出するんだな。
まるみのマジメさが滲みでちゃうわ。

で、今週はその宿題とは別に、先生から
「芸を覚えてみましょう」
って言われていくつかの中からふたつ選ばされたのね。
でもって今週は自分たちでやり方を考えてやってみましょう、と。

まるみとのっぽくんで一個ずつ選んだのは
『まわれ』と『ハーイ』。

まわれは人の前でくるっと回るやつね。
ハーイは、いわゆるハイタッチ。
のっぽくんがそれを選んだんだけど、まるみ、ちょっとびびったですよ。
まわれはフードで誘導すればなんとなく出来そうな予感したんだけど
(だから選んだ、姑息なオンナ、おぎくぼまるちゃん)
ハイタッチなんて、どうやって誘導すればいいんだ?!
ま、先生が「出来なかったら来週、やり方教えます」
って言ってたんでそれに期待か・・・

・・・ということでしたが、本日ターリーは右手を高くあげて
まるみの出したグーの手 にタッチしてくれました。

かわいい肉球がこっち向いてて、やる度にまるみ、ウケウケ。
いやぁ、やれば出来るもんですねぇ。ターリーちゃん、エライわん。

で、この芸にはのっぽくんが

「【グッジョブ(Good Job)!】と名づけたい」

と言ってましたんで

「ターリー、グッジョブ!! 」なんてやりとりの聞かれる、

まるでアメリカ~ン なおぎくぼ一家なのでありました。



                                  
 

近頃おりこ うさんっぷりを見せつけちゃってるターリーさんの本当の姿は・・・!!

ねむ・・・
眠いナリ・・・

は!
あ、のっぽくん何か?

ねむ。。。
なんもくれないか・・・

そっちで?
あ、そちらで?

やっぱねむ・・;・・
やっぱ寝とこ。





スポンサーサイト

2007.05.29

散歩の後は・・・

ここ数日、家の前の道路が工事中。
なんでも古くなったから補修ってことらしいのだが
今日なんか道ぜ~んぶ掘られてて
ターリーとの散歩から家に戻ろうとしたら道がなかった・・・

道路整理のおじさんに
「あ~、そこ油でべとべどになるからね、通れないよ」
って言われても、そこ通らないと家帰れませんから~ 

結局、道の脇のわずかに残ったほっそいところを
ターリーを抱えて忍者のように(またはカニ)して戻りましたよ。

参った参った。


さてさて、散歩から戻るとターリーは本日もイベント終了、
といったカンジでまったり度を高めます。

まるみは寝すぎると頭痛がしますが、犬はそんな心配はないんでしょうか・・・



寝る。

寝るのも仕事のうちなのさ。






2007.05.24

アイコンタクト

けっこー気温が高い日が続いておりますが
今日もターリーは元気です。

午前中、どことなくソワソワというかひたすらにまるみからの
「おさんぽ行こうか」の掛け声を待つかのように
こちらをあのまんまるお目々で見つめてきます。

ということで、まるみは紫外線対策をばっちし決めて
ターリーは神妙な面持ちでリードを繋がれ、おさんぽのスタートです。

以前はマンションの前で降ろしたら(マンション内は抱っこがマナー)
オシッコ、ウンチのダブルコンボが済むまで何も目に入らぬほどの猛ダッシュ。
それが済めば多少落ち着いていたのですが、
それでも電信柱が目に入るとダッシュ、でしたね。読み取り専門でしたが。

今は極力トイレを済ませてから出かけ、スタートダッシュを回避。
そして今週は、『キャッチ・アイ・ウォーク』というのを覚えました。

簡単に言えば、アイコンタクトを取りながら歩く、ってやつです。
それに、人の左側のちょうど膝辺りの位置をキープしながらをあわせます。

これは案外すんなりと出来ました。
なんせ最近のターリーは
「上見てるといいことがある」
と思ってるらしく、家でも外でもアイコンタクトです。
なので散歩中もずっとアイコンタクト。
周りや下を見て何かいいことを探すよりも
確実に上見た方がいいことあるからね。(フードとか撫でなでイイコ)
だからひっぱりもなくなったし、周りへの過剰反応もかなり減りました。

ヒジョ~に美しいおさんぽ姿になったのではないでしょうか。(自画自賛)


ちなみに今通ってるしつけ教室では、フードを皿からあげない、
ハンドフィード推奨!というのがあるんですな。
これには最初、なんじゃそりゃ?!と思いましたが
例えば100粒のフードを、食事の前に何か好ましい行動を取らせ
その報酬としてお皿ですべて与えてしまうと、
100粒で1回しか褒めたことにならないけど
1粒1粒をアイコンタクトやフセとかの好ましい行動の報酬として与えれば
100回褒められる。
つまり一日100回、ワンコとのいい関係を持てるチャンスがある、
ということらしいです。
ほほう・・・
皿であげるのも、別に悪いことじゃぁないと思うが
これはなかなかに犬のココロをついた、良い作戦(?!)ではないかい?

ってことで現在我が家では、食事の時間というのを特に決めず
普段の生活の中にトレーニングを織り込ませ、その度にフード粒を
ご褒美としてあげてます。


だからショッチュウ、アイコンタクトなターリーさんなんであります。



粒くれる?

今まさに、アイコン中。





2007.05.19

ある土曜日の感動

今日はしつけ教室の日でした。

ターリーとしつけ教室に通おうと思い立ったきっかけはクミンちゃんとのいきさつ。
他の犬とうまく交流できないターリーをなんとかしたい、
そしてもう一度、私たちとターリーとの関係を見つめなおしたい。
そんな思いからでした。

初めての日。
一緒に受講しているトイプーの子に対して、ターリーはかなりの勢いで吠えかかっていました。
目を合わせると緊張感や恐怖心から吠えてしまうということで
レッスン中はトイプーちゃんを見せないことが必須。
あまり広くない教室の中でのっぽくんが壁になったりと
ターリーを興奮させないよう必死でした。
そんな中、ターリーもなかなか集中できない様子。

それと同時により社会性を身につけさせたいと保育園も体験させ、
そこでのスタッフの話によると他の犬ともうまくやっていけてる様子だったので
これは結構、うまくいくんじゃないの?と思いながら
しつけ教室第2回目に臨みました。

結果は前回にも増しての超反応。
教室の先生いわく、とてもおとなしいトイプーちゃんにこれだけ反応しちゃうのは
犬に対しての恐怖心がかなり強まっているのではないか、
もしかしたら保育園での経験が逆効果ということもあるのではないかと・・・

悩みましたね。
保育園でうまくやっていけてると思ってたから。
スタッフの方たちもとても良い感じで、ここならおまかせできるな~と安心してたところだったから。

ターリー、ホントのとこ、どーなのよ・・・
キミの気持ち聞けたらいいのにねぇ。

で、まぁ結局のっぽくんとあれこれ考えて(第34回おぎくぼ家族会議)
保育園はスタッフの方とも相談させて頂いて一度お休みすることにしました。
しつけ教室の先生が言うように「恐怖心を押し込めてる」のではないとしても
他の犬に対しての過剰なまでの反応が強まっていることは事実だったので
ここは様子をみようかと。


さて、GWやらなんやらで続けて教室がお休みだったために
今日は3週間ぶりのしつけ教室となりました。
(やっと本題か)

少しでもターリーが落ち着いて私たちに集中してくれるように
早めに教室について、トイプーちゃんを見せないようにしてこれで過剰反応は回避。
なかなかの好スタートが切れました。

3つほどの課題に沿って話を聞いたり、練習したりの1時間。
時間が進むほどにどんどんターリーが落ち着いていくのがわかりました。
今までと一番の違いは、私たちに対する集中力。
以前は練習させようとしてもトイプーちゃんの方に気が散ってばかり。
だけど今日は、しっかりと私たちを見て
ひとつひとつの動きをちゃんとこなしてました。

後半は、トイプーちゃんが視界に入ってても吠えずに
のっぽくんの膝の上で居眠りまでしてたらしい。
(まるみは先生の話に集中しててしりませんでした!)
とにかく、今日のターリーは先生も驚くほどの落ち着きを見せてました。


これにはもう、まるみ感動しまくり。
なんたって前回のことでちょっと落ち込んでましたからね。
やっぱ私たちと一緒の時はダメなのかなぁって。

だから今日は嬉しくて嬉しくて
帰り道から家に帰っても、何度も何度ものっぽくんに

「ターリー、すごいよぉ。良かったねぇ。頑張ったねぇ。ウレシイねぇ。」

としつこく言ってました。

毎日のトレーニングで、ターリーは私たちの言うことを聞くと
いつも何かいいことがある、とか
一緒にいれば安心、ということを少しずつ体感していってくれてるのかな。
それが今日の行動につながったのかな、って。

一歩進んで二歩下がる日もあると思うけど
また、毎日少しずつ頑張っていきたいです。
ターリーと一緒に。


クサっ

「臭うかな?そろそろ風呂入んないとかな・・・」

2007.05.16

成長期

しつけ教室に通い始めて、毎日コツコツとトレーニングを重ねてます。
これまで、散歩の仕方やクレートトレーニング、
それから基本的なコマンドにつながる動作など
とにかく毎日繰り返してやってます。
最初は全然出来なかったことも、焦らず順を追って毎日やっていると
出来るようになっていくから感動です。

トレーニングの意味や目的、そしてポイントを、
私たち飼い主がしっかり把握しておくこともとても大事だと知りました。


今日は散歩中に、アグレッシブな小学生3人に囲まれたのですが
そんな中でもちゃんとオスワリ、フセをすることができたり
ネコたっぷりの通称「ネコ道」(我が家だけの通称)を通る時も
前はネコの気配にガッツガツしてたのですが
今日はネコの前をまるみとマグネット歩行(*下記参照)で何事もなく通り過ぎれました。

毎日おんなじことを繰り返してやってるけど
ターリーは飽きることなく、毎日どんどん吸収していくようで
頼もしい限りです。
まさに成長期?!

これを続けていけば、私たちとの信頼関係も強まってくれるだろうし
いろんなシチュエーションでもビビらず落ち着いていられるように
なってくれるんじゃないかなぁ、と期待しています。

ゆくゆくは、散歩中にすれ違うワンコにも過剰反応しなくなるかなぁ・・・

焦らず期待。



オスワリ

のっぽくんから「オスワリ」のコマンド入りました。
次のコマンドに集中のターリー。


マテ

「フセ」から「マテ」に。
集中してます。きっと頭の中はご褒美のフード粒のことでいっぱいです。


じっと待つ・・・

「OK」が出るまで頑張ります。
(あ、抜け毛の味方、コロコロがある・・・)


こんなカンジで家の外でもチャレンジしてます。


【追加】これがマグネット歩行ね。
マグネット歩行

飼い主の膝の横あたり歩いてるいいことあるよ~、ということの練習だそうです。

ちなみに、トレーニングを通してアイコンタクトをとるといいことあるよ~、とやってるせいか
トレーニング中じゃない時でも、気づけばこちらを見上げて
魅惑のアイコンタクトをとってきます。

いやぁ、ワンコのおめめってどうしてあんなにかわいいんだろうねぇ・・・


2007.05.11

ターリー

今夜の我が家の夜ゴハンは『ムング豆のカレー』でした。
ムング豆というちっこくて緑な豆をコトコト煮て、
たくさんのスパイスと一緒にじっくり炒めたたまねぎとあわせてまたこコトコト・・・

ということで、『ターリー』にしてみました。

呼んだ?
「ボクですか?」
いやいや、キミじゃぁないのよ・・・(自作自演)

これね。

めちゃウマよ。

ターリーとはインド風定食の呼び名・・・
モチロン!そこから命名したのだ、ウチのターリーさん!!
(威張るところではない)

一般的はターリーは、大皿にカレーとチャパーティ(ナンよりもポピュラー)
とかのパンの類と野菜のつけ合せが乗って出てくるらしい。
以前、インド人の友人から手で食べるやり方を教わったことがあって
最初は抵抗あったけど、これがなんともオイシイのだよ。
口に触れる指の感触が、なんともイイカンジなのだ。
もしアナタが未経験なら、騙されたと思ってやってみては?
(騙された!と訴えてきても知りません)

ということで今夜も手でムング豆のカレーとターメリックライスを
まぜまぜして口に運びました。
うまいうまい。
付け合せの野菜は・・・
はんぺんと水菜のサラダ。
インド、程遠いし。

だけど美味しかったからいいのだ。
おいしいもの、一皿にいっぱい入って幸せいっぱい。
ターリーって、いいなぁぁぁ。


のび~るのび~るストレッチマン!

キミもいいねっ!!


2007.05.09

気温上昇

ここ数日、暖かいを通り越して暑いくらいですね。
散歩中も汗ばむほどで、地面に近いワンコたちも相当暑いのでは?
と気にかかるほどです。

家の中でのターリーは、相変わらず寝てばかりですが
デカクッションの上にいることが少なくなったような。
冬になってお気に入りになって、最近頻度が減ってきたとゆーことは
あれはやっぱあったかグッズだったのか・・・

ということで、本日も気温上昇。
ターリーはというと・・・

AGO NOSE SAKU SAKU
椅子脚部分が、ひんやり気持つぃぃぃ~  oh ! cool !!   

・・・なんでしょうか?
あごを乗せるには、ちと高すぎじゃないかと思うんですけどね。




2007.05.08

ふさふさに、ありがとう

最近、しつけ教室に通ったりとか社会性を身につけたいとか
いろいろご活躍(?!)のターリーさんですが
思えば去年の冬頃はそんな余裕ありませんでした。

今では忘れそうなほどのことですが、ターリーはアトピー性皮膚炎もちで
そのせいか、はたまたいろんな要因が重なったためか
毛がどんどん抜けていった時がありました。
私たちは、がしがし掻いて毛が抜けていくターリーを見ながら
何か出来ることはないか、どうやったら治るのだろうかと
獣医のアドバイスをもとに、いろいろ試してみました。
民間療法こそ手を出さなかったものの、気持ち的には藁をもすがる思いってやつかな。
なのでその頃はいつもそれだけが頭にあって。
それ以外のことなんて考えられなかった。

だから今は、本当に良くなったんだなぁとしみじみ思うわけです。
心の余裕が出てきた証拠だから。

なにはともあれ、健康第一。
ひとも犬も、それを感謝して日々過ごしていきたいもんですな。


衝撃の、BEFORE,AFTER !!


BEFORE
こりゃサムげ。
2006.12
砂漠キツネと呼ばれていた頃。服脱がせると「きゃぁ、はだかんぼ!」ってなかんじでしたわ・・・

AFTER
ナチュラル増毛
2007.5
ちなみに、わかってると思いますが両方とも同じ犬です。(滝涙)




2007.05.07

公園デビューは先の先・・・

数日前、井の頭公園にターリーと一緒に行きました。
花見シーズンも終わったというのに、すごいたくさんの人がいました。
そして予想以上に犬もたくさんいました・・・
人も歩けば犬にあたる、ってヤツ?!

ということで、ワンコに超・反応のターリーちゃんは
当然ながら散歩なんかしてる場合じゃありません。
しつけ教室で、教わったことなのだけど
ターリーのようにワンコに過剰反応しちゃう犬に
慣れさせようと犬と会わせるのは逆効果で余計過敏になるそうで。
なので一番の対策は犬を見せない。

とほほ。
だけど、ちょっと木陰でひとやすみの時に
ターリーと一緒に都会の自然を満喫。

興奮気味なターリーさん


通りをゆくワンコたちの存在がヒジョ~に気になりつつも
(見せたら終わりですから、ひたすら視界に入れないように必死ののっぽ&まるみ)
ちゃんと「アイコンタクト」と「オスワリ」をコマンド通りにしてくれたターリー。

公園内を颯爽と散歩する愛犬家を羨ましく思い見つめながらも
我が家には我が家の道があるさ!
と、公園を出てから住宅街を散歩して帰ったおぎくぼ一家でした。

・・・って、何も吉祥寺まで行かなくてもおんなじじゃん?!



2007.05.03

GWですねぇ。

ということで、真っ最中ですね、GW。
まるみとターリーはいつにも増して仲良くまったりしています。
のっぽくんは・・・仕事です。
ご苦労さまでっす!!

ちなみに先日のっぽくんから聞いたのですが
『ゴールデンウィーク』という言葉は映画会社か旅行会社だかが
この時期は売り上げがいい!ということで名づけたいわゆる商業的ネーミング。
報道なんかでは本来、『大型連休』と呼ぶらしいのだ。
ふむふむ・・・
勉強になるですね。

さて、ターリーは毎日しつけ教室で習ったことの宿題を
ちゃんとやってます。
GW中ってことと先生の都合で2週間お休みが入っちゃうので
宿題もしっかりマスターしないとですね。

最近の成果と言えば、クレートトレーニングでしょうか。
前は好きだったクレートなんだけど、冬になってデカクッションにぞっこん!
になってしまいすっかり御用なしとなってたわけです。
思えば、「ターリーさん、寒かろう」
とドーム型あったかハウスをクレート内に投入したことがきっかけかも・・・
ま、まるみのせい?!

しかし、何かといいらしいですからね、クレート。
ということで新たなる気持ちで再チャレンジ。
今では「ハウス」の指示で入るようになりました。
そうそう、以前は指示で入ったりなんかしてなかったのよ。
ただ入ってただけだもん。
それが指示でささっと入るなんて、どこの名犬?!
(by お調子者まるみ)

でもっていまんとこダントツのメリットは
玄関のピンポンと同時にクレートに誘導、フードでつっておりますが
ピンポンが鳴ってる最中に鳴かなくなりました。
ターリーさん、黄金のピンポン犬で何やってもダメでしたから
これはもう、めちゃくちゃ進歩なわけです。

いやぁ、すごいすごい。



そんなに褒めるな、って・・・(照)

この、前足(手)出てるとこがスキなのよ、ワタシ。


 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。