--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.31

クミン版 トイレな話

えー、特にこれと言った変化はないですね。
平和に過ごしております。
強いて言えば、クミンのトイレのことかな。

前回はクミンのトイレ、結構大変でした。
トイレの認識はしてるのになかなかそこでしたがらない。
我慢しすぎが心配でした。
で、ケージから出すとラグの上にしてしまうという繰り返し。

今回は、ちゃんとトイレの場所を最初から認識してました。
ケージの中のトイレでも何度かしてくれてます。今朝起きたら大量にしてありました。

だけどやっぱ間隔は長いですね。まだ緊張があるのかたぶん我慢してる。

それで昨日の夕方、のっぽくんとえっちらおっちらとケージを移動。
どうもケージ内のトイレよりもターリーのトイレにしたそうなので
そのケージをターリートイレの周りに設置。
そこにクミンを入れてしばらく様子をみることにしました。
そしたらすぐににおいを嗅ぎ始め、早速してくれました。
そりゃもう、大量に。
だからそんなに我慢しちゃダメだって・・・

今朝は自分でそこに行ってちょこっとしてくれたけど
フリーにしてる時間もそんなにあるわけじゃないし
お水飲むわりにはトイレしないんで今日の夜もケージ作戦で。
やはりこれも成功。

なんで当面はこれやってあげようかな。
ひとりの時は無理だけど。なんせえっちらおっちらだから。

ってことで、今回はまだラグ洗濯はしないで済んでます・・・



めったにない美しいフセ姿
クミンはまっすぐ歩いて来ません。
ある程度の距離からすでに腹みせ体勢のまま、
ずりりずりりと近寄ってきます。
私のそばにいる時は、普通のオスワリとかフセ姿は皆無に近く
常に「なでてっなでてっ!!」の腹みせ姿です。
それで撫でるのをやめると帰って行ってしまうんだな・・・
面白い。。。
だからこれは結構貴重なショット。





おまけ

ま、寝てるだけだけどな。



いやぁ・・・写真見てたらそんなふうにみえちゃってさ・・・

スポンサーサイト

2007.07.30

梅雨明けはまだ

昨日の雷雨もすごかったけど、今日の雨もすごかった・・・

ターリーは昨日、8種混合のワクチンを済ませました。
ターリーが譲渡の会に保護されて、きちんと健康チェックなどしてもらった日から
ちょうど1年が経ったということです。

先日、会のWさんにお会いした時もその話をしたのですが
ちょうど1年のこの時期にまたクミンちゃんのトライアルが始まるというのも
なんだかつながりを感じてしまいました。


そしてその時集まったターリー、クミン、みさりんさんのところにいるアリスちゃん、
Wさんが引き出して下さらなかったら、今はない命なんだなと思ったら
あらためて授かった命を大切にしたいと思いました。
しみじみ。


航空写真(嘘)
クミンは少しずつ、待つことを覚えてます。
嬉しくなっちゃうと「なでてなでて!」と猛烈にバタバタと擦り寄ってきますが
今日はターリーと一緒に撫でている間、おとなしく待っていられる時がありました。
仰向け状態のままで・・・





犬同士の会話

「お嬢さん、その格好はちょっと、どーかな」
「気持ちいいのよ、やってみれば?」


 

おっぴろげ

白目むいちゃうのはど、どーかなぁ・・・?! 

2007.07.29

二日目です

クミンちゃんを迎えての二日目です。

まず、驚くのはクミンちゃんの順応ぶり。
前回からそれなりに月日が経ってるから覚えてないかも・・・と思ってたけど
いやいや、これがどうしてかなり覚えてる様子。
なぜなら前回の初日や二日目の時と全然違うから。
前回は相当キンチョーしてましたよー。
ある一点で固まったりしてましたから。行動範囲も半径2mあるか、とか。
そうそう、フードも食べれないくらいで。
だけど昨日はクレートで爆睡した後は、差し出したフードにがっつくがっつく。
そして今朝一番はケージの中からしっぽぶんぶんの歓迎っぷり。
選挙から帰ってきてもしっぽぶんぶん。
ケージから出せばとことこ歩くは、ソファーに飛び乗るは元気元気。
相変わらず近づいてくるなり腹みせのなでなで催促。

とまぁ、覚えてるんだなぁと思わせるところがかなりあります。

うれしいことです。

さて、このトライアルで一番のポイントはクミンよりむしろターリーです。
自分以外の存在をどう認めるか。どんなふうに接することができるか。
私たちとの関係をうまく保つことができるか。

で、昨日今日のターリー。
意外に落ち着いています。
まだ、緊張する部分はあるみたいだけれど前回よりもあまり気にかけてないように見えます。

クミンをケージから出すふれあいタイムでは、
あまり無理して近づけようとはせず二匹の自然にまかせています。
まぁ、そうするとだいたいクミンは腹見せながら近くでごろんと。
その時、昨日Wさんがしていたのを真似て二匹を交互に
声をかけ撫でながら「イイコね」をしてみました。
前回はあからさまにクミンのそばを嫌がっていたターリーだったけど
今は結構リラックス、普段とあまり変わらないかな。
拗ねてる感じも見られないし。

焦って二匹を仲良くさせようとあれこれ気を揉んでしまったのも
前回の敗因(?)かもしれないです。

ということで、この普段とあんま変わらないターリーってとこ
結構ポイント高いんじゃないの~、
とニマニマしてるおぎくぼ一家でした。




引越しのごあいさつです

ターリーのハウスにクミンちゃんがご挨拶に向かったようです。
「また来ました。どぞよろしく。」

なごむ・・・

会談は無事終了。


らしい。

2007.07.28

クミンちゃん、ふたたび

とてもうれしいご報告です。

今日、再び我が家にクミンちゃんを迎えることが出来ました。
クミンちゃんとは、ターリーと同じく「NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」
によって保護された、今年の春、我が家にトライアルで来てくれてたチワワの女の子です。

当時のブログを読んで下さってた方はご存知かと思いますが
約1ヶ月のトライアル期間でターリーと一緒の生活は難しいのでは
ということで譲渡の会に戻っていました。

実はその時、おぎくぼ一家はかなりクミンちゃんに情が移っていて
どうしても諦めきれずにいました。
そんな私たちに譲渡の会のWさんは少し間をおいた後
ターリーを預かってでも二匹にもう一度チャンスを、と言って下さっていたのでした。

本当にありがたい話でした。

それから3ヶ月半あまり。

いろいろあって、本日から再度、トライアルさせて頂くことになりました。

本当に、うれしいです。
前回は未熟な私たちのせいでうまくいかなかったという心残りが多々ありました。
だから、今回うまくいくことを願うと共に、私自身出来る限り頑張りたいと思っています。


クミンちゃん、前回初日はとても緊張していて部屋の中を動きませんでしたが
今日は「私も撫でて~」と相変わらずゆっくりながらも近寄ってきてくれました。
思い出してくれたのかな、と嬉しくなりました。
そして、懐かしのしっぽブンブンに感激・・・

現在、ターリーとクミンはそれぞれの場所で
今日は疲れた、とばかりに爆睡中です。
なんだかとてもしずかでクミンちゃんが来たとは思えないほど。

今日からゆっくりじっくり、仲良くなっていこうね。

おふとんダイスキ
まるみのお昼寝マット(巻き巻き中)の上で。
普段と変わらずリラックスいみん。

こちらクミンちゃん↓


アタシは奥ゆかしいの。
Wさんからお借りしたクレートの中でこちらもリラックスいみん中。
ちなみにケージは前回からお借りしたままのこぶたさんちのケージ。

皆さまのおかげでおぎくぼ一家はしあわせデス!


そしてもうひとつ感謝。

今日のこの暑さの中、同じく保護犬のアリスちゃんが
もしかしたらターリーに合うかもしれないということで来てくださいました。
とても可愛いくておとなしい子でした。
お話を伺って、怖がりなところがターリーと似てると思いました。
3匹ともあまりそれぞれに興味がないのか、3方向見たりしてましたが
普段、他犬と触れ合うことのない(出来ない)ターリーには
大変大変貴重な体験でした。
そうです、ターリー普段からは想像つかないほどガウガウすることなくイイコにしてました。
アリスちゃんに吠えちゃった時もWさんにたしなめられて言うこと聞いてました。

何から何まで、驚きと感激の一日となりましたです。


暑かったね

左からターリー、クミン、アリスちゃん。
皆さん、本当にありがとうございました。


*アリスちゃんの預かりをされてるみさりんさんのブログです。
「家族さがし日記」

2007.07.27

トイレな話

久々にターリーのトイレの話を。

我が家にはわんこ用のトイレがふたつあるが
現在使用しているのは大きめの平置きトレイタイプのをひとつ。

ターリーはオスだから当然足上げシッコするだろうと思い買ったL字型、
これがまた一度も足上げシッコの栄誉を授かったことのない壁面側。
すっかり不要の長物となったわけ。

まるみはこれまでオス犬しか飼ったことないんで
メスのシッコ姿をまじまじと見たのはクミンちゃんが初だったが
ターリーのはまさにそれ。
なので足上げしないオス犬がいるんだ!と、最初はびっくらしたもんだが
今では散歩中にきまぐれに足上げしてるときの方がびっくらしてる次第で。

そ、そういえば、クミンちゃんはあのトイレで一度だけ足をあげてたぞ。
壁に向かってというほど高くはなかったけど
確かに後ろ右足上がってた!!
あれにはのっぽくんと思わず顔を見合わせたっけ・・・

わんこもそれぞれなのねぇ。

さてさて、最近はそのL字型はしまわれ、平置き型にしてるんだけど
ターリーってばシッコした後に必ず確認のくんくんをするのね。
それはまぁいいんだけど、その後しばらくしてからも時々ニオイチェックに行くのよ。
それがなんか
「まだシート替えてないのか?」
とチェックされてるようでさぁ。
ちょっとしかしてないんだから、まだ替えなくてもいいじゃん、
という飼い主の貧乏根性に後ろ指さされてるみたいでちょっと後ろめたい・・・

替えた後もチェックしに行くから、そん時はまるみも声に出して
替えましたっ!」
と言ってやるのだ。

ターリーはどうも一度シッコしたシートにはしたくない傾向があるらしいけど
時々、そのままにしたシートに2回くらいしてくれると
のっぽくんと二人して
「えらいぞ!ターリー!!」
とか言って喜んでるから
なんとも平和なおぎくぼ一家ですな。


なぜか前のめり

「単なる健康チェックですから。くんくん」

2007.07.24

べろ~ん

はぁ~っ!一気に暑くなりましたね、今日は。

私は、ターリーがべろ~んと横になってると
あぁ結構暑いんだな、エアコンにしようと思うのですが
のっぽくんはそれに加えてまるみの様子もチェックしてるらしい。

自分としては「まだまだいける!」と思って
ってナニがいけるのかわかんないが頑張ってると
たぶん、私も暑くなるとべろ~んとなっているらしく
「エアコンいれるか」
とのっぽくんにレスキューされる・・・

まるみ、暑さが相当苦手っす。

ターリーと一緒に、この夏もなんとか乗り切らねば~

だす。




詠み人、ターリー






のっぽくん 腹、出てますよ・・・


2007.07.22

好きなもんは好き。

ターさんは、いずこ~?!

ターリーをさがせ!


わんこは、なぜ狭っちぃとこが好きなのでしょうか。
暑くないのか?!という心配をよそに、重なるクッションの間を
アタマとカラダをめりめり潜りこませてこの様子。

モグラじゃないよ

至極、ご満悦。

2007.07.20

おそうじ

ターリーがアトピー性皮膚炎だと判明してからは
ハウスダストなんかの対策にほぼ毎日、掃除機をかけてる。
まぁ、おかげで日々お部屋スッキリなんでいいんですけど。
この間、買ったお掃除グッズは良かったぞ。
アイスホッケーのバットみたいなやつ、あれなんて名前だ?
とにかくあんなカタチしてそこにほげほげした埃とりがついてるの。薄細長いカタチ。
それで本棚の後ろとかの壁との隙間やエアコンの上なんか得意げに掃除できるんだな。
これは気持ちイイね。
グッバイ、わた埃。

ウチのフローリングは白っぽいのであまり埃やターリー毛が目立たない方なんだけど
やっぱ積もってくもんなのか2日かけないと、なんだかもうダメダメね!な気分になる。

そうそう、あれって不思議ですな。
掃除機かけただけで、本気で床がす~っきりサ~ッパリしてみえるのね。
掃除したぞ!って気分の問題かもしれないけど。

なんかここまで書いてて、自分が松居和代な気分してきた。
まるみ棒作るか・・・

さて。
基本びびりなターリーくんは、当然のように掃除機が苦手。
前なんか逃げまくってたし。ターリーにしてみりゃ
「なんでオイラの行くとこ行くとこ追いかけてくるんだよぉ」
と思うでしょうが、
ただ、部屋中かけたいだけなんだよ・・・

しかし、最近はターリーも学習したようで
掃除機かけるとのっぽくんの仕事椅子に避難。
冬の間、ハウスの中に入れてたクッションをここに戻したせいか
最近はここに乗ってることも多くて居心地いいらしい。
ここにいれば安心、なのかその下を掃除機ガーガーかけても大丈夫らしい。

びびりながら逃げてたヤツは、もう、いない・・・



びびり言うな

         「サイクロンがなんだ!」


2007.07.17

きっとそう思ってる。

オレの毛はふっさふさ。
それはね、毎日月見草サプリ食べて2,3日に一度シャンプーしてるからさ・・・
ごっそい毛が抜けちゃう時もあるけど、心配ないぜ。
それがオレの、
デ ・ フォ ・ ル ・ ト。

ショッチュウ掻いたり舐めたりしてるのは、キミへの愛情表現だってこと、知ってた?
ふっ・・・嘘だけどな。

今日も粒のために、イイコにしててやるぜ。

粒、フォーエバー・・・
 


一本線
哀愁の背中、びしっと真ん中分け。








おまけ
四暗刻!! まるみの初四暗刻、初役満。  でへへへ・・・




 

2007.07.15

おさんぽおさんぽらったった~

お散歩に行けずに幾日か・・・

いつも、おさんぽに行く前にハウスに入れる習慣があってですね
これはハウスに入るといいことあるよ~、という練習で始めたんです。
最近では私たちが出かける仕度をしてると自らハウスに入って待つわけ。
病院とかでもハウスの中ですごい落ち着いてられるし。

なんだかそれがね~、ここ数日期待を裏切りっぱなしじゃないですか。
そろそろターリーのアタマん中で
「ハウス入ってもいいことないじゃん」
ってなったら、せっかくいい習慣ついてたのにねぇ。

う~ん、そろそろ散歩行かないとなぁ・・・行きたいよねぇ・・・なんて
なんだかこれじゃターリーよりも私たちの方がそわそわしちゃってるじゃん。


で、今日の夕方。ちょっと晴れ間が出た隙に行ってきました。
途中で急に雨が降ってきたりもしたけど、雨宿りしつつ
普段よりは少し短めコースを、のっぽ、まるみ&ターリーの
おぎくぼフルメンバーで行って参りました。

ターリーの足取り、そりゃもう軽かったです。
常にホップステップな感じでうれしそうだったな~。


お散歩タイムはウキウキウォッチン!

足も心も弾むね~!

2007.07.13

台風接近中

毎日毎日、雨続き。 
梅雨だからしょうがない・・・と思ってたら台風 来てた。
ここ数日散歩に行けず。この先3日ほど、行けそうになし。

でも家の中でトイレしてくれるし外連れてけ~!とか言うこともないので
本当に助かります。

こーゆー時、一緒に遊べるわんこがもう一匹いたらいいのに・・・とも思います。
まぁ、だけどこれもなんていうか、縁ですからね。
ご縁があったら、そんな日もくるかもしれないし。

ということで、たぶん退屈してると思うんですけど
相変わらずのまったりぶりというかぼーっとしてるというか
特に不満がる様子も見えず、なんら普段と変わらないターリーです。

で、そんなターリーちゃんにとって唯一ラッキーなことは
ここ数日、のっぽくんのお仕事の都合がついておうちにいることが多いこと。
ひとりぼっちになる時間がほとんどありません。
一緒にいることが何よりも好きなターリーにとって
散歩に行けないことより
「なんかのっぽくんずっといる」
と思って喜んでるかもしれん。
どうかな。わんこのアタマでは、何を考えているのやら。

のっぽくんは
「雨で退屈だろう」
とか言ってフード粒片手にしつけ教室で習ったことの復習をちょくちょくやってます。
ターリーは、トレーニング好きだからね。(粒好き)
相変わらず、一粒のためにガッツリ集中してます。
マテをさせて距離をとってしばらくしてから「おいで!」って言うと
猛烈に嬉しげにダッシュ してくるもんねぇ。

可愛い。




三越のライオン
「次は?次はナニ?」という声が聞こえそうな・・・


ターリー、近っ!
『おて』なんですけど・・・期待込め過ぎで前傾気味だよ・・・


得意気。
『グッジョブ』入りました。
得意芸なんで鼻息、ハッフーンッてな感じですな。

2007.07.12

ターリーがいるということ

ターリーは、私たちにとって子供同然。
その成長ぶりに喜び、どこか具合が悪いと言えばめちゃ心配になるし
可愛がりすぎちゃいかん、と思いつつもついつい愛でてしまって
そうして月日があっという間に過ぎます。

一年前の7月下旬に、ターリーは「NPO法人成犬・猫の譲渡を推進する会」によって
数日後には殺処分になる身から救われました。

その、譲渡の会のサイト内、活動ニュースブログを読み、
更にそこで紹介されていた茨城のNPO法人ポチたま会のサイトに書かれた
涙がとまらない』というコラムを知りました。

私たち人間が、こんなにもむごいことをさせているという現実。
私自身、殺処分という言葉を知っていても、
具体的な想像はなるべく避けていたように思います。
だけどあらためて知り、ターリーとこの死に逝く子たちとの違いは
なんだろう、と考えさせられました。

違いなんかないんですよね。

ターリーも、他の子たちも、みんな生きる権利がある。
生まれてきた以上。

ペットという立場ならば、これはもう、100%人間の責任だから。

今あらためて、自分にできることはなんだろう、と考えます。

まずは、この現実を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思って
ここにも書かせてもらいました。


毎日しあわせ。

本読むのっぽくんの隣りでリラックスしまくりのターリー。
私たちもリラックスしまくり。
ウチに来てくれて、本当にありがとう。


2007.07.10

体重管理

人間でもそこら中で「脱メタボ!」の必要性が叫ばれる昨今。
わんこの世界でも、肥満はと~っても良くないそうだ。

ウチのターリーちゃん。
保護当時は2.4kgで、肥満なんか関係ないわ~と思っておりました。
で、3ヶ月ほど前の診察で体脂肪の標準値超え発覚。
体重も3kgをちょい超えしておりました。
その体脂肪率は、「積極的なダイエットを指導」
するほどではないけれども少し気をつけましょう、という範囲。

アレルギー対策粒の袋の裏っかわにある摂取量を目安に
それでもその量よか少なめに与えてただけなんですけど・・・
去勢したわんこは太りやすい、ってのはホントなのね。

ということでフードの量を減らして約2ヶ月。
この前、書いたように体重も体脂肪率も標準まで落ちていました。
先生にも「フードを調整しながらこれ以上にならないように。」
と言われてあれから3週間。

土曜日のトリミングの時に体重をはかってもらったところ・・・

「3kgです」 

受付嬢(助手さん)のにこやかな声。

えぇ・・・なんか最近また肉づきがいいかんじ、してましたよ・・・

だけど・・・ターリーのカラダ、反応良すぎ!!
ちっこいカラダだから、フードの増減1g単位でデカく影響するんだねぇぇぇ。
難しいねぇぇぇ。

しかしなんというか、2ヶ月かけたダイエットが3週間で逆戻りなんて
リバウンドってこーゆーことねと胸がつまされるわ。
なにか、私への教訓かい?!(うっ・・・)



助手さんとも話して、前回増やした5gの約半量引いた量を与えていくことにしました。

また1ヶ月後くらいに計ってもらおう。
いえ、我が家にも当然人間用体重計あるんですけどね、
まるみが抱っこして計るといついかなるときでも3kgなんだな。
これじゃ変化がわかんないですから・・・


いやぁ、それにしてもこれだけちょっとした量でも影響するってことは
下手におやつなんか食べてたら大変だ。
あなごちゃんあげる時は気をつけなきゃだな。

わんこの健康は、飼い主の責任。
まるみの体脂肪は、まるみの責任。


No More メタボ!

見た目はどっこも問題ないですね。
しかし、それがメタボの底力(? !)だっ!
中高年諸君も気をつけよう!

自戒 

2007.07.07

たなばたカット(なんじゃそりゃ)

今日はターリーさん、爪などをカットして参りました。
かかりつけの動物病院ではトリミングもやってるので安心して任せられます。
爪切りも、自分でやってみたことはあるんですが
今はもう毎回病院でお願いしてます。
その理由は・・・
500円で簡単キレイ。
トリミングの相場はあまり知らないけど、
緊張しながら、動くターリーと格闘するくらいなら500円は安いんじゃないの?
と、思ったわけ。

ちなみに、部分カットも一ヶ所500円なのでいつも脚まわりの毛も
一緒にカットしてもらってます。
伸びてくると、家の中でときどきズッコケてますから。
つい数日前には、吉本の喜劇?!みたいなズッコケぶりしてて笑えました。
まぁ、笑ってられないこともあると思うんで、早めにカットですな。

そしてそして、本日は更にもう一ヶ所プラス!!

前々から気になっていた、『尻あなまわり』をカットしてもらいました。
ほら、アレが触れちゃうのは気になるですよね。
カットで清潔感、UP!!

ちゅーことで、いやぁ、すっきりしましたよ~。
切って良かったです。

しかし、おしりの下部分の毛が伸びてひらひらと長くなってるところが
より目立ってしまった・・・
近いうちに切ろう・・・


お手々すっきり!

「七夕だからって切ったわけじゃないんだからね!!」

ターリーちゃん・・・ツンデレ?

2007.07.03

おもちゃ

たぶん・・・我が家は犬のおもちゃの類が少ない方だと思う。
ぬいぐるみ系は100均のぞうさんオンリー。
カジカジ系は木製の2本。(クミンちゃんがかなりかじり込んだ)
ゴングもあるけど、アレルギー対応フード粒が極小なため、
あっけなく出てきてしまうのでほとんど無意味。
あとは、のっぽくんの勢いが主戦力だなっ 

だって、いつまでも飽きないから新しいのを買う必要なくて・・・


ってことだったんですけど、しつけ教室でおもちゃでの遊ばせ方、
なんてのを教えてもらった時に
細長いタイプのおもちゃがいい、ってことがありまして
それでこの間のイエロ~スネイク、カモ~ンちゃんを買った次第。
これ、イイですよ。
長いので、端っこを持って軽く揺らすだけでその先っちょは大きく振れる。
で、ターリーはおおはしゃぎ。飼い主ラクチン。
それに、興奮してきた犬が手をガブ、っといくことも避けられる。
ふざけて軽い意味合いのガブでも体験させない方がいいらしいので。
とにかく、よく遊んでくれます。
ちなみに、遊ばせてる時に大切なのは興奮させ続けないことだとか。
時々うまくクールダウンさせて、興奮をコントロールすることが必要だそうです。
確かに、興奮しすぎたターリー・・・どこか彼方へ行っちまいそうな勢い・・・

一人遊び用にも新しいのを買いました。
木製のおもちゃがかなりボロってきたので。
ヘチマで出来てるんだよ~。歯磨きにいいらしい。
わんこを夢中にさせる甘いニオイがついてマス。

しかしすごいね。
ヘチマさんってば、人の背中ゴシゴシしたり
わんこにガジガジさせたりで、働きモンだぁ。



夢中。

両手でがっしり押さえてます。
ヘチマの硬くて細い繊維が歯垢を落としてくれそう。
まるみもデンタルフロス代わりに今度やってみようかな。 嘘っす。



2007.07.02

ココロの友

昨日、テレビで放映された『明日の記憶』を観ました。
アルツハイマーを扱った作品で、
いろいろと心揺さぶられそうな気配がぷんぷんと漂ってたので
観るのに勇気が必要な作品でした。
今までに何度かTSUTAYAとかでのっぽくんと
「観る?」「どうする?」と悩んで、そして観ないで来た作品。
ですが昨晩はテレビという気楽さから、そしてやはり観たいという気持ちが勝ち、
鑑賞と相成ったわけです。

ふぅぅぅぅ。

ここで感想を書くつもりはないんですけど、
ターリーが・・・

ぺろぺろと、まるみの涙をずっと舐めるんです。

ぐすん、と鼻をならせただけで飛んできて
そして映画を観ながら落ちる涙を、ターリーはこぼさないように舐める。
まるみの胸に登ってまでして、涙を舐める。

まるみはわかってるのだ。
ターリーは、涙がおいしいらしい。
あのしょっぱさが、見逃せないんだな。
ホラきた、また味のするやつ!
って感じで余すとこなく舐めるぞ~、なんだな、きっと。
アニメとか、映画とかでの感動のワンシーン、
犬が泣いてる主人公を慰めるようにぺろん、ってやつ。
きっとあれも実は・・・
って、思っちゃう。

だけど、わかってても、
わんこのそんな仕草に心和むことは間違いなし。
悲しい涙の時なんか、必死に駆け寄り涙を拭われちゃったりなんかすれば
「わかった、わかった」
なんて言いながら思わず笑ってしまうもの。

ただ食いつきがいいだけ、なんて思いつつも
だけどやっぱりココロ寄り添ってくれてるみたいで

ありがとう。

です。





梅雨空の昨日、部屋の掃除中に新聞の整理をしてたら・・・

どこでもターリー

新聞入れのスペースにすっぽり入ってしまいました。
狭っちぃとこがホント、スキです。




 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。