--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.09

賢い。

この猛暑の夏、散歩は早朝と決めて
日々の気温の変化や街行く人々などを肌で感じつつ
朝さんぽしてました。
朝のわんこの行動は、特にターリーが面白いです。


1、飼い主起床後、ハウスを開けるとその日の気分で
・ソファへかけあがる
・ハウスに居座る
 (妙なテンションの低さ。飼い主は体調悪いのかとドキドキ。
  →ほとんどがただの気分次第)
2、その日の気分でトイレでシッコ
3、飼い主が散歩の準備中、なぜかもったいぶってハウスの中で待機
4、なかなか出てこないので飼い主が黒わんこだけ連れて出掛けようとするのを見て
  やっと出てきて連れて行ってもらう
  (行きたいくせにナゼもったいぶるのかは本気で不明)
5、帰宅後、玄関で脚拭き後、水も飲まずにハウスへダッシュ
6、ハウスにて食事
7、食事後、やっと落ち着いて水を飲む


クミンはひとことで言うなら
「素直で普通」

毎朝、起きたら
「今日の出会いに感謝っ
みたいな感じでうれしそうに足取り軽く歩き回ってついてきます。
こっちがする行動ひとつひとつに

「次は何?おさんぽなのっ? ごはんなのねっ!!

と、ハートマークを撒き散らし、そして行動はほぼ毎日一緒。
起きたらシッコと水飲みだし、
散歩後はまず水飲むし
っていうか、この暑い季節に散歩から帰ったら
普通、まず水飲むだろう、と思うんですけど
どーなのよターリーちゃん?!
って思うんだよね。毎日。

ターリーはなかなかに飼い主に安心感を与えない(笑)わんこなんではあるが
まぁ、ターリーもそんな感じで毎日一緒な行動ではあるよね。


さてさてそんな毎日の中で
週の真ん中と週末のどちらかは早起きのおやすみ、ってことにしてます。
で、早朝じゃないとわんこ散歩はあまりにも酷なので
散歩もおやすみ。

散歩行かない日は朝起きてほどなくするとごはんあげちゃいます。
で、あれこれ私が家事してる間に
わんこたちもトイレしたり気ままに過ごしてくれるんだけど
今日は驚くほどに涼しい午前中なので
散歩に連れて行きました。

いやぁ、ここんとこのどの6時台より涼しかったぞ。
このまま涼しくなってくれたらいいのに・・・
淡い期待だろうか・・・

で、散歩から帰ってきました。
いつもは玄関での足拭きが終わると
水も飲まずにハウスへ猛ダッシュのターリーですが
なぜか今日はクミンが拭かれてる間も玄関にそのまま。
クミンが拭き終わって、いつものように水飲みに走りに行っても
ターリーは私のそばに。

驚きました。
これは、夏前の散歩後のパターンと一緒で
朝ごはんもらってからの散歩の後は
散歩時にトリーツとして持ち歩いてる粒の残りを
足拭き後もらっておしまい、
という時とおんなじ行動。

ターリーは今朝の行動をしっかり把握してるのか?
それとも正確な腹時計を持ってて
腹が
「今日はもう食べた」
と言ってるのか?

いずれにしても、賢いんである。

ターリーはただの気分屋ではないっ!
賢い!!


それが言いたかったまるみでした。





のっぽくんの足元に集合



2匹の距離感はなかなか縮まらない、
というかもうずっとこのまんまだろうと思ってたけど
やっぱり少~しずつ
縮まってはいるんだよね。


スポンサーサイト

2010.09.07

混合ワクチンとプリクラ

この間の日曜日、わんこ病院へ混合ワクチンの接種に連れて行きました。
いろいろあってずっと通ってた近所の病院から
ちょっと離れたもっちゃん先生のところへ行くと決めてから
初めてのわんこ連れ。

後部座席(ワンシートだけど)の私がクミンの入ったバッグを肩にかけ
ターリーの入ったバックをしっかりと腕に通してのっぽくんと私の間に置き
妻と愛犬2匹の命を一身に引き受けたのっぽくんが
べスパ(通称:そら次郎)で走ります。

いやぁ、やろうと思えば出来ないことなんてないですね。
最初はバイクで2匹同時は無理かと思ってましたが・・・
バスという手段もあるんだけど
バスゆえに、バイクの倍の時間がかかってしまうらしい。
暑いですからね、なるべく移動時間は短いほうがいい。

時間も選びましたよ。
元々、予防接種は午前中と言われてますけど
(副反応の状態をみるため)
朝9時からの診察時間に合わせて8:30に家を出ました。
時間が遅くなればなるほど、厳しい暑さだからね。

さて、着けば他の患畜もいなくて貸切状態。
他のわんこがいると面倒臭いターリーにはナイスな状況です。
2匹をもっちゃんに診てもらうのは
もっちゃんが前の病院をやめる前だから去年の12月以来。
「こんなに白いのあったっけー」
と、クミンの背中にちらほら見える白髪を見て言ってました。

体重はターリーが2.9kg、クミンが2.88kg
ほぼ一緒ですね。
体温もおんなじだー、ともっちゃんが言ってました。

診察台に上がると、二匹とも不安そうで(そりゃそうだよね)
ターリーは必死で私に抱きつこうとするし
クミンはフケが出たり足の裏にじっとりと汗をかき始めたり・・・

でも注射の瞬間は白黒とも
おとな~しく刺されてます。

何すんねん!と睨みつけ怒るわんこも多いそうです。

まぁ、2匹とも心の中では
「何しとんねん、ワレ?!」
と思ってるかもしれませんけど。


さてさて、もっちゃんは診察の前にカメラを用意してました。
何故でしょう。

答えは15秒後!


なんてね。




証明書と料金明細書
えー。
このようにワクチンの接種証明書や
毎回くれる診察代の明細書にわんこ写真が載るんだな。
診察券も写真付きだよん。
今、診察券はたぶんのっぽくんの財布に入ってると思われるので
写真は撮れん。

まぁ、ターリーはカメラ嫌いだし
クミンも緊張するとじっとしてられなくなるタチなんで
かなりもっちゃんも苦労して撮ってた。
私はそんな二匹をよ~く知ってるので
一生懸命かわいく見えるショットを撮ろうとしてくれてるもっちゃんに

「もう、それで、充分です・・・」

ということで
クミンちんは耳が後ろにたたまれ~の
目玉ぎょろっとし~の
ターさんは、テンション下げ下げ顔で
これからず~っと写っていくのでした。


さらに、もっちゃんのサービスはまだまだ続くよ!


たぶん最初で最後なプリクラ
なんとこの愛くるしい白黒(苦笑)をプリントシールにしてプレゼント!

いやぁ、わんこのプリクラなんて一生撮らないよ、
おぎくぼ一家なんて。
記念になりました。
たとえ耳なしでも、
たとえどんより顔でも

愛犬、かわいいさっ!

どこに貼ろう・・・



しかし、もっちゃんの本当のサービスは翌日知るのであった。

月曜の夕方、動物病院から電話が。
なんだろうと思ったら

「昨日は副反応とか大丈夫でしたか?変わりなかったですか?」


なんて素晴らしいアフターケア。

良い獣医さんです。


 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。