--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.19

ある土曜日の感動

今日はしつけ教室の日でした。

ターリーとしつけ教室に通おうと思い立ったきっかけはクミンちゃんとのいきさつ。
他の犬とうまく交流できないターリーをなんとかしたい、
そしてもう一度、私たちとターリーとの関係を見つめなおしたい。
そんな思いからでした。

初めての日。
一緒に受講しているトイプーの子に対して、ターリーはかなりの勢いで吠えかかっていました。
目を合わせると緊張感や恐怖心から吠えてしまうということで
レッスン中はトイプーちゃんを見せないことが必須。
あまり広くない教室の中でのっぽくんが壁になったりと
ターリーを興奮させないよう必死でした。
そんな中、ターリーもなかなか集中できない様子。

それと同時により社会性を身につけさせたいと保育園も体験させ、
そこでのスタッフの話によると他の犬ともうまくやっていけてる様子だったので
これは結構、うまくいくんじゃないの?と思いながら
しつけ教室第2回目に臨みました。

結果は前回にも増しての超反応。
教室の先生いわく、とてもおとなしいトイプーちゃんにこれだけ反応しちゃうのは
犬に対しての恐怖心がかなり強まっているのではないか、
もしかしたら保育園での経験が逆効果ということもあるのではないかと・・・

悩みましたね。
保育園でうまくやっていけてると思ってたから。
スタッフの方たちもとても良い感じで、ここならおまかせできるな~と安心してたところだったから。

ターリー、ホントのとこ、どーなのよ・・・
キミの気持ち聞けたらいいのにねぇ。

で、まぁ結局のっぽくんとあれこれ考えて(第34回おぎくぼ家族会議)
保育園はスタッフの方とも相談させて頂いて一度お休みすることにしました。
しつけ教室の先生が言うように「恐怖心を押し込めてる」のではないとしても
他の犬に対しての過剰なまでの反応が強まっていることは事実だったので
ここは様子をみようかと。


さて、GWやらなんやらで続けて教室がお休みだったために
今日は3週間ぶりのしつけ教室となりました。
(やっと本題か)

少しでもターリーが落ち着いて私たちに集中してくれるように
早めに教室について、トイプーちゃんを見せないようにしてこれで過剰反応は回避。
なかなかの好スタートが切れました。

3つほどの課題に沿って話を聞いたり、練習したりの1時間。
時間が進むほどにどんどんターリーが落ち着いていくのがわかりました。
今までと一番の違いは、私たちに対する集中力。
以前は練習させようとしてもトイプーちゃんの方に気が散ってばかり。
だけど今日は、しっかりと私たちを見て
ひとつひとつの動きをちゃんとこなしてました。

後半は、トイプーちゃんが視界に入ってても吠えずに
のっぽくんの膝の上で居眠りまでしてたらしい。
(まるみは先生の話に集中しててしりませんでした!)
とにかく、今日のターリーは先生も驚くほどの落ち着きを見せてました。


これにはもう、まるみ感動しまくり。
なんたって前回のことでちょっと落ち込んでましたからね。
やっぱ私たちと一緒の時はダメなのかなぁって。

だから今日は嬉しくて嬉しくて
帰り道から家に帰っても、何度も何度ものっぽくんに

「ターリー、すごいよぉ。良かったねぇ。頑張ったねぇ。ウレシイねぇ。」

としつこく言ってました。

毎日のトレーニングで、ターリーは私たちの言うことを聞くと
いつも何かいいことがある、とか
一緒にいれば安心、ということを少しずつ体感していってくれてるのかな。
それが今日の行動につながったのかな、って。

一歩進んで二歩下がる日もあると思うけど
また、毎日少しずつ頑張っていきたいです。
ターリーと一緒に。


クサっ

「臭うかな?そろそろ風呂入んないとかな・・・」
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。