--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.17

おぎくぼのっぽ、ベスパを探す

荻窪に移り住むことが決まった時、我らおぎくぼ夫婦にはふたつの新しいねがいがありました。

ひとつは犬を飼うこと。

夏休みが始まった頃、保健所に保護されたターリー。
爪はのび放題で体にはノミのフンがついて怯えた様子だったそうです。
そんな彼をNPOの「成犬譲渡の会」の方が救い出して下さいました。
その後の1ヶ月ほどの預かりボランティアさん宅での生活は、
ミニチュアピンシャー2匹との夏休み合宿生活。
犬として大事なことを教わったに違いありません。
そして縁あって、9月の2日にターリーは我が家にやってきました。

だんなさまののっぽくんは犬を飼うのが初めて。
私は何匹か経験してますが、それでもまだまだわからないことばかり。
そんなふたりが、ドキドキしつつもターリーのしぐさ一つ一つに癒され悩殺され、
2週間が経ちました。


さて、話戻ってふたつめの願いは

のっぽ、ライダー復活。

8年程前に聞くも涙語るも涙のバイクとの別れを経験してから
(友人に貸したきり、帰って来なかったバイクと友人・・・)
バイクから離れていたのっぽくん。
新しいおうちにはバイク用の駐輪場もあるということで乗ってみたい気になったようです。

今日は我が家から北の方向にある、ベスパのお店に行ってみようということで
ターリーを連れて初のサイクリングをしました。

お出かけ用のバッグにターリーを入れて、それを自転車の前かごに入れてみようという作戦。

バッグに入ることをちっとも嫌がらないターリー。
むしろ狭っちいスペースにまったりと入ってる感あり。
飛び出し防止の金具を首輪としっかり結びつけているものの、
安全のためにバッグのふたも閉めました。
メッシュ状のふたに顔を押しつけてこっちを見上げるターリー。

「あたま、出したいんですけど・・・」

と訴えているような気もするけど、彼の場合吠えて主張したりはしないのね。
おとなしく、約10分のみちのりを揺られていました。

ベスパのお店で、いろんな話を興味津々聞くのっぽくん。
そんなのっぽくんを私のしょってるバッグの中で、見つめつつ
またまたおとなしく待っているターリー。
バッグから出してほしいそぶりもなかったので、そのまま家に帰るまでバッグの中でした。

家に帰ってバッグから出すと、さぞや窮屈なとこから解放されてのびのびと遊び回るだろうと思いきや、
すたすたとクレートの中へ。
そのまま丸まっておりました。

ベスパはまだ決まってないけど、いつかベスパに3人(ふたり+いっぴき)乗って
ドッグランのある公園にでも行きたいものです。







スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ogithali.blog108.fc2.com/tb.php/2-2e189572

▲TOP

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。