--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.16

5月のおつとめ

今朝は病院に行きました。
近所にあるとは言え、面倒なんで一度に済ませちゃえ!と、
「フィラリア検査」 「クミンの尿検査」 「爪切り」の3コンボ。

朝の遅いおぎくぼ一家がはりきって診察開始時間の30分後に行ったんだけど
なんともう待合室は人とわんこでいっぱい。

対わんこ恐怖症(?!)な通称ガウガウ犬のターリーは
バッグに入れて行ったのですがやはり気配は感じるもの。
それでも一生懸命吠えちゃいけないと
「うぉ・・・うゎぉん」小声で思いの丈を伝えておりました。
ちなみにターリーは、出かける前にわんこバッグを見た瞬間自分から入っていった
バッグ好き犬であります。

クミンはというと以前は先日の地震のような横揺れ激しい震えっぷりでしたが
多少緊張して膝の上には乗っていたがるものの、他のわんこと鼻挨拶したり
随分病院に慣れた様子。
そして、尿検査の結果が気になるところです。

結果はひとまず合格。
phが少し高めな気もする・・・と先生は言ってましたが
とりあえずもう一ヶ月、普通食続けられそうです。
でもって、今度は病院で膀胱から直接尿を採って検査するそう。
やはり採取直後の検査が正確らしいので。

フィラリアの検査はターリーもクミンも無事陰性でした。
去年ももちろんずっと薬飲ませてたし、感染のおそれはないだろうと思ってましたが
それでも検査の意味はあるらしい。
例えば、飲ませ忘れとか早めに切り上げてしまった、とかの理由は
きちんと守れたかどうかの自覚はあるけど
飲ませたつもりでも知らないところでわんこが後で吐き出してしまってることもあるらしい。
これは私も、胃腸の薬で思い当たることがあって。
だからやっぱり絶対はないんだなぁ~と。

それにしても・・・・
フィラリアの薬はなぜあんなに高いのでしょうか・・・
おぎくぼ一家、持ち合わせが足りなくて受付のおねえさんにニコニコと
「今度来た時に一緒でいいですよ~」
なんて言ってもらうはめに。

動物病院にツケのある家・・・


ってことで、二匹とも無事帰宅後はぐっすりと眠っておりました。
(いつも寝てるけど)


起こすなよぉ
アタシ、実は社交的なのよ。

先生、血液採取に苦労しておりました。
チワワは血管が細くて苦労するそうです。

白黒ちゃんもお疲れさまデシタ。





スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。