--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.31

宿題終わらない・・・

8月31日です。

別に私には宿題なんてないんですけど
やっぱり8月最後の日と言えば、

宿題と格闘の日

ですよね。

早めにきっちり終わらす子もスバラシイが
やっぱり31日に親に怒られながら
目の前の手付かずな宿題に途方に暮れる・・・
というのもなんとなく夏の風物詩っぽくていいねー。

って、自分がその時代終わったから気楽に言えるのかもしれないけど。


ハナシ全然関係ないですけど
我が家のわんこたちは「おやつ」なんて滅多にもらえない。
というか存在していない。
もうすぐターリー先生が我が家に来て5年目突入ってことで
誕生日的なお祝いをしてもいいようなもんだけど
ウチの場合はわんこケーキも特別なゴハンもない。

ってなことで、時々きまぐれで牛革ホネとか
デンタルボーンなんかあげると
もう夢中。


週末、もっちゃんのところ(獣医師のところ)にゴハンを買いに行った時に
のっぽくんが読んだデンタルケアの冊子によると
ペットとしてのわんこは餌を骨から引き剥がしたり
喰いちぎったりの本来の食事からは遠ざかった、
というような一文があったとかで
それならたまにはホネホネで犬の本能を呼び覚ましてもらおーじゃないの!
と、昨日与えてみました。
まぁ、いつもこんな感じできまぐれなんですけど。

ターリーは一通りホネ相手に飛んだり跳ねたりしたあと
(本当にとびはねしてます。なぜか。)
一心腐乱に食いついて、その後カミカミうっとり物質が脳内に分泌され
夢心地な目をしてかみかみかみかみ・・・です。

クミンは我が家に来た当初、
ゲットするとハウスに持ち込み、守る本能が出てきてしまい、
近づくとすごく警戒して時にはウ~と唸る始末。
たぶんそのまままるみが強行すれば噛みつくんじゃないかという気配すらしたもんです。

ターリーなんかは近づこうが触ろうがホネを取ろうが
全くの無警戒なのと比較すると
やはりクミンは私たちへの警戒心、信頼心などに
しつけの余地があるな~と思わせられたもんでした。

取り上げる時に必ず粒(フード)と交換とかしか
それに関する具体的な対処は取ってなかったのですが
昨日は近づくと、若干警戒してるふうに私を見上げたものの、
試しに頭を撫でてみるとそのまま普通に噛み続けてました。
前なら噛むのを止めて、身でホネを守る仕草をしてたのに。
まず、ハウスの奥に持ち込まなかったことも変化だな~。

クミンが我が家に来る前の繁殖場での時間と同じかその倍か
それぐらい時間をかけてクミンとの信頼関係や安心感を築いて行きたいと思ってたけど
こうやってまた少しずつ何かがほどけて、何かが築けてるのを感じられて
うれしいなぁ、と思ったのでした。


ってなことでしばらくして私はまたホネを取り上げ
よく水洗いして乾燥させて
次回に回すのでした・・・

次回っていつ・・・?





寝てるだけのセイカツに彩りを!
ホネを押さえる手が好きです






スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。