--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.22

送迎つき

毎日、のっぽくんがお仕事に行く時にターリーは一回目の散歩です。

時間が気になるのっぽくんを尻目に、マイペースで情報収集のターリー。
家を出たらほぼ直後に1ヶ所のみでおしっこする彼は
道に散らばる他のわんこたちの情報もリードオンリーです。
返事書けば~?とも思ったりもしますが、
まぁ、人様のお宅前で振りまくよりはいいか・・・と思います。

駅前では、涙のお別れ・・・
というほどではないですが、ターリー、鳴きます。

「どこいくんだよぉぉぉぉ。」

ってな具合に。
のっぽくんは苦笑いしながら何度も振り返りつつ
戦場へと旅立つわけです。

2回目のお散歩は、だいたいは仕事から帰ったのっぽくんと一緒に行くのですが
今日はのっぽくんを駅までお迎えに行きました。

駅の階段下にある植え込みの縁に座って、ご主人様の帰りを待つ妻と犬。

「もうすぐのっぽくん、帰ってくるからね」

という私の言葉を理解してるかのように
ターリーは階段から下りてくる人を一生懸命見つめてました。

待つこと約5分。

近眼のターリーの眼にのっぽくんが映ったのは、
かなり至近距離になってからではありましたが
気づいた時の喜びっぷりといったら!!!

思わず飛びつくのを通り越して、しゃがんだのっぽくんの膝の上に
乗っておりました。

一通り感激の再会を交わして家路に向かう間も
のっぽくんが歩けないくらいはしゃいでくっつきながら歩いてました。


のっぽくんが満面笑みだったことは言うまでもありません。







スポンサーサイト

コメント一覧

こりゃ~もうのっぽさんは疲れもぶっ飛びますね~
うちの2匹は私に対する態度とダンナに対する態度は全く違いますよ v-12
どうも私は飼育係にしか思われてないような気がする。
おかえりアピールなんて全くないんですよ。。。。
くやしいぃぃぃぃぃ~!!!!

飼育係、私もそうなるかな~。v-290
私の経験ですが、子供の時に飼っていた犬は、家族のことをよく見抜いていました。
家にいる時間のない父をどっかでちゃんと
「この家の養い主」
とわかってる感があり、母のことは
「ごはんくれる偉い人」
みたいな感じでした。
末っ子の妹は完全に相手にしてないという・・・
私は
「仲間」かな?
多分にこちらの主観も入ってるかもしれないですけどね。
愛される飼育係、目指します!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

おぎくぼまるみ

Author:おぎくぼまるみ
ターリー:2006年9月、クミン:2007年8月より成犬譲渡の会のご縁でおぎくぼ家族に。

Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Topics
Comments
LINK
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Categories
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。